2017年03月24日

Horizon Zero Dawnクリア感想

C7rrMJMVQAEqecC.jpg
Horizon Zero Dawnをクリアしたので感想をば。


C7rrMwYVwAAq-iK.jpg
なによりグラフィックの綺麗さが目を引きます。
他ゲームならプリレンダリングでもおかしくないほど
人物がリアルにできています。
独自の世界観を表現しきっているのではないかと。

ファストトラベルや乗り物を備えているので
移動のだるさはあまり感じませんでした。
最初はファストトラベルがアイテム消費だったのに
比較的早く無制限版が手に入るのには拍子抜けしましたが
不便なままプレイするよりはいいかな。

戦闘はブロックが存在しない回避と先制攻撃の世界
基本は弓などの遠距離武器で戦うことになります。
近接武器が槍しかない点がやや残念ですが
ロックオンがないかわりに猛烈な追尾をしてくれるので
回避を極めれば近接でもガンガン戦えるかも?
ただし全体的に被ダメージが大きくリスキーかと。

洋ゲーにしては山あり谷ありのストーリー
テキストや音声によるログが各所に散らばっていますが
翻訳に不自然なところもほとんどなく
世界の謎を紐解くにも支障は全くありません。
アーロイが自分の出自を追うところから始まり
次第に謎が明らかになってくると
続きが気になってついついプレイしてしまいます。
「やはりそういうことか!」あり
「マジかよ・・・」あり
正直戦闘よりもログ解析のほうが楽しかった。
(経験値の概念ないし)


では不満点は?
20170324.png
よく宣伝でも使われたキリンのような機械ですが
こいつが特別大きな機械であり、これより大きいものは
(動くものは)存在しません。
他の機械は大きくてもトリケラトプスくらいなので
機械のスケール感ではちょっと肩透かしというか
こいつより大きいのは出てくるのかな?という
自分の期待値が高すぎたと思っています。

それと崖には登れるポイントが存在するのですが
これが視覚的にみづらかった点。
もともと崖は土や岩なので色は灰色、茶色が多い
登れるところは黄色で表現されています。
黄色いロープや杭があったら登れるけど
色が似ていて気付きにくい場面がいくつかありました。
せめてフォーカス起動中(周囲を調べるモード)に
発光してくれれば・・・と思いました。


C7rrNVFVwAAE1mF.jpg
このゲームを一言で表現するなら
練り込まれたストーリーを
オープンワールドで表現することに成功した作品。

まさに操作する映画というか
多くのクリエイターにとって
「こんなゲーム作ってみたかった!」と思えるような
大型タイトルでした。


明らかに続編を意識したシーンがあり2が出るのはほぼ確実。
そのときはぜひプレイしたいと思います。
posted by Juga at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記