2016年12月05日

新キン肉マン 第190話

理想の体現者!!の巻

テンカウントで勝敗が決まり
勝利の歓喜とマッスルスパークの解説だった今回
それだけなのにとても読み応えがありました。
タツノリの言葉でネメシスも少しは救われたでしょうか
柱に頭ぶつけたのがトドメになってなきゃいいんですが。

さてマッスルスパークの真髄である究極のみねうち
以前ジャスティスマンがテリー戦で自身の勝利を
「一切の希望を残さず圧勝する」と定義していました。
対して正義超人の場合は
「殺さずに勝敗を決し理解・和解への流れを残す」のが
勝利の定義となります。どっちもハードル高い。
えっと、今シリーズこの定義通りの勝利を手にしたのはスグルだけ
テリーもジャスティスの理解を得たけどあれは相手が勝利の定義を
満たせなくなったのが大きかったかな。
そう考えると理想の体現者の表現も納得です。


ピークアブーはゴングのページでガックリしてたけど
あやつマンは1ページ目だけの顔見せ
敗北は死の掟にどんな着地点になるのでしょうか。
ネメシスを生かす方向で考えるなら不老を剥奪する、とか?

ともあれネメシスことキン肉サダハル、お疲れ様でした。
完璧超人側の主人公といっても過言ではない活躍
試合後の言葉に注目の次回に続く!




あれ?「三大奥義の真意」ってことは
インフェルノやリベンジャーも完成形は正義超人の技なの?
あとフェニックスは心臓病があったから仕方ないとして
知性の神は?
絶対マッスルスパークの衝撃で死んでるよねあのメガネ。
posted by Juga at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177937251

この記事へのトラックバック