2017年04月10日

新キン肉マン 第204話

硬度10#の行く末!!の巻

悪魔将軍として、超人閻魔として最後の激突!
硬度で上回る悪魔将軍ではありますが
超人閻魔も損傷覚悟の零式奥義で反撃です。
っとここでボワァしてますよ閻魔様!
ロンズデーライトを上回る硬度で逆襲か?それとも・・・

気になる結果は




悪魔将軍「この通り立っている!(キリッ)」
「元気に生きている」に続くネタ臭ただよう生存アピール
一方閻魔の膝は砕けてしまいました
ダイヤより硬い物質を砕くつもりで放った奥義でも倒せない。
ボワァをしてこの結果ではさすがに万事休す。


スピンダブルアームから放つのは地獄の断頭台か?
それともまだ見ぬ壱式奥義か?
自分としては「壱式奥義はなかった」説を挙げたいと思います。
ザ・マンを倒したときそれを奥義とする
と考えていたのではないかと。
このまま地獄の断頭台としてフィニッシュか
それとも新技が飛び出すのか
もし新技ならラグナロクとか黙示録といったワードが
つくんじゃないかな〜、わくわく。

またロンズデーライトより硬い物質については
超人閻魔が発現できなかった以上、出てこないでしょう。
超人はいつかロンズデーライトすら砕くだろうとか
悪魔将軍が到達した力もまた限界ではないのだで〆そうな予感。



色々想像できるけど合っててうれしい外れて嬉しい
読者冥利につきます。リアルタイムの楽しさっていいよね。
巨星堕つ次回に続く!



オマケ
サンシャインが泣いてるのちょっとかわいかったぞ。
posted by Juga at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179385485

この記事へのトラックバック