2018年08月06日

新キン肉マン 第255話

三大奥義、陥落!!の巻

マッスルインフェルノ、破られる!
しかしゼブラ本人から「旧式」との発言が出たので
これでまだ見ぬ必殺技・新インフェルノの存在は確実に。
やっぱり相手を試すために繰り出したのね。

「俺が認められたいと思うのはアリステラだけだー!」
と大将の力と器を語り始めたマリキータマン
八方リングで無敵だった彼に唯一互角以上だったそうですが
そんなことよりも回想コマにオメガカタストロフドロップが!
ディクシア以上の実力と、これを上回る技の持ち主であると
想像させるシーンです。
戦った後に握手するとか爽やかな印象です、が・・・


さてマリキータマンはゼブラのもつ二面性
白と黒のうち黒が出てこないことを指摘します
まるで心をセーブしているかのように
おお、ここでカレクックと同じテーマにもってきた!
恥ずかしながら読めなかった、悔しい!

ロールシャッハ・ドットで出てきたのは言うまでもなく
シマウマのキッド
個人的にもうこれゼブラの勝ちじゃね?って思う展開に
本人にとって未消化なわだかまりは漫画的には成長の余地ですし
新インフェルノ以外の逆転要素になると思います。
キッドの魂が乗り移って新インフェルノとか来たら熱いなぁ

一方マリキータマンは回想コマで握手こそ交わしていますが
「屈服させた」と表現しています。
その感覚だと友情パワーは発揮できないんじゃないかと
少なくともこのままではアリステラへの想いで発動する線はなく
ルナイトと同じく使命感、または意識改革が必要だと思います。


よし、じゃあ黒ゼブラになるぜ!と
鉄球を持ち出されてもちょっと困る次回(再来週)に続く!
posted by Juga at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184109787

この記事へのトラックバック