2018年08月27日

新キン肉マン 第257話

反撃の完全変態!!の巻

これでとどめを刺せないのは想定済みだと
攻撃を畳みかける黒ゼブラですが
三大奥義がそれでいいのか感がすごくあります。

マリキータマンはサナギの状態になり防御を固め反撃に出ます。
サナギから出てきたその姿は・・・!マリキータマンのまんまでした
サブタイトルはなんだったんだよ感がすごくあります。
でもサナギの状態でロックして脱皮してサナギごと投げるのは
昆虫モチーフっぽくて良いと思いました、まる。


さてマリキータマンはゼブラの全てを見たいと言って黒に
染めたのですが、その真意は「黒のほうが白より弱い」ことを
見越しての戦略であったことを明かします。
負けフラグ立ててる感がすごくあります。

でも展開としては「じゃあ白になって勝つ」では締まらないので
白黒を統合して「真ゼブラ」になるんじゃないでしょうか。
それで白が出てくるためにどうするか?
ズバリキッドを写していた胸の部分だけ黒に染まってない可能性
スグルを黒く染めて自分もパルテノンの影を浴びる場面のオマージュですね。
ゼブラ「グォォ胸の一部だけが黒く染まらん!」
スグル「かかったな、実は一か所だけ黒く染まらない箇所があるのだ!」
ゼブラ「ゲッ!(パルテノンに取り込まれた)ロビンマスク!」

かつて黒く染まらず弱点となった部分が今度は逆転の起点になる、と。
ゼブラ勝利ならこれでいけると思いますがいかがでしょうか。

しかしゼブラが勝つとしたら必殺技は何だろうね次回に続く!
posted by Juga at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184276084

この記事へのトラックバック