2011年02月14日

FF5 オメガ撃破

110212_3.jpg

無言で遭遇、そして「逃げられない!」


FF5の二大ボスの一角で「ラスボスより強い敵」の始祖(?)。
行動パターンは
1ターン目:攻撃
2ターン目:はどうほう
3ターン目:攻撃
4ターン目:はどうほう
5ターン目:攻撃
6ターン目:ターゲッティング
7ターン目:攻撃
8ターン目:はどうほう

「はどうほう」は最大HPの半分のダメージ+スリップ
攻撃のターンには地震やミールストーム、ブラスターなど強力な
ラインアップでこちらを苦しめる。
最も悪質なのは即死+復活不可能の「サークル」。
こればかりは魔法防御を上げて当たりにくくするしかない。
雷が弱点なのは有名だがその防御能力はおかしいの一言
(物理防御が極端に高い上に物理回避率95%、雷属性以外を吸収。
さらに常時リフレク+シェルで解除不可能。)
これに加えてダメージを受けると必ずカウンターを二回飛ばす
カウンターで使う技は「サークル」「ロケットパンチ」「マスタードボム」。
制限プレイにおける最大の強敵になることが多い。
それでもオールバーサーカーで攻略されているのがFF5のすごさ。


***パーティ構成***
バッツ:青魔道士+黒魔法L6
レナ:青魔道士+白魔法L6
ファリス:青魔道士+黒魔法L6
クルル:青魔道士+白魔法L6

レベルは上から40、38、40、40。
アクセサリはバッツのみリフレクトリング、他はエルメスの靴。
盾はバッツのみフレイムシールド、他はイージスの盾を装備。
他の装備は魔法防御を優先。

作戦名「バッツでデルタアタック」

ゴゴ戦で使った「一人だけ魔法を受けてカウンター来ない作戦」
を何度か試してみましたがサンダガを吸収する手段がないので
一人がダメージを受けてしまいます。その上でオメガの攻撃に
耐えるのは無理でした。



地震がきたら全滅するので開幕してすぐにマイティガードを使用。
バッツの分は跳ね返ってオメガにかかりますが元々シェル状態
なのでこっちにとっては変わりありません。

「はどうほう」を使ってきたら即ホワイトウィンドで回復。
(バッツにリフレクがかかっているのでケアルガは使わない)
戦闘不能者が出たらアレイズで回復しますが、バッツは戦闘不能
でも魔法を跳ね返してしまうのでフェニックスの尾で。

回復の体勢をキープしつつ、余裕が見えたらバッツかファリスが
サンダガをバッツに撃ちます
カウンターで死なないように祈りつつ・・・。


そんなこんなで戦うこと約10回。
途中でバッツがサークルで消えてしまい、ファリスにリフレクを
かけて反射させざるをえなくなりましたがなんとか撃破。


これで目標の
風のクリスタルのジョブとアビリティのみで四体のボスを倒す
を達成しました。
これで自分のゲーム史に新たな1ページが!

・・・といっても、今回のは大した制限じゃなかったと思います。
基本的なジョブが揃っているのでプレイ中でも不自由に感じたことは
あまりありませんでした。
ロマサガ2の一人旅+武器禁止プレイの方がずっと難しかったなあ。




大久保新宿「エッヘン。
posted by Juga at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | FF5-制限プレイ

2011年02月13日

FF5 神竜撃破

110212_2.jpg

宝箱の中からモンスターが!!


FF5の二大ボスの一角で「ラスボスより強い敵」の始祖(?)。
最初に使うタイダルウェイブをはじめとして圧倒的な攻撃力を誇り
素早さも異様に高いので対策を練らないとすぐに死ねる。
ダメージだけでなく石化や即死も使ってくるイヤなヤツ。
宝箱の中にいることもあってこいつに全滅させられた人も多いはず。
明確な弱点はないが竜特攻武器なら大ダメージを与えられる。
(ただし今回の制限プレイで特攻武器を装備できるジョブはない)


***パーティ構成***
バッツ:青魔道士+黒魔法L6
レナ:青魔道士+白魔法L6
ファリス:青魔道士+黒魔法L6
クルル:青魔道士+白魔法L6

レベルは上から40、38、40、40。
アクセサリにさんごの指輪、盾にアイスシールドを装備。
他の装備は素早さ重視。



開幕タイダルウェイブはさんごの指輪で吸収。
神竜にはバーサクが効くので白魔法をつけたキャラにかけさせる。
バーサクさえかかれば相手は通常攻撃しかできなくなる。
よって味方全員にブリンクをかけつつ攻撃すればOK。



というわけで神竜撃破です。
バーサクが効いてしまうのが運の尽き。
この状態の神竜の打撃を受けたらまず即死でしょうが、ブリンクが
かかっていれば物理攻撃は100%回避。全く怖くありません。

残るはFF5最強と名高いオメガなり。





ボクオーン「神竜を倒していい気になっているようだが・・・
クジンシー「オメガに比べれば今までの三体はクズに等しい
posted by Juga at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | FF5-制限プレイ

2011年02月12日

FF5 ネオエクスデス撃破

110212_1.jpg

わたしは ネオエクスデス
すべての記憶 すべてのそんざい すべての次元を消し
そして わたしも消えよう 永遠に!!



FF5のラスボス。
四つのパーツに分かれており正面から戦うとかなりの強敵。
残り一つになると発狂モードになり攻撃が苛烈になる。
各パーツは行動パターンと弱点がはっきりしているのでそれを
把握すれば苦戦せずに済む。
レベルよりも戦略が重要なFF5のラスボスにふさわしい敵。


***パーティ構成***
バッツ:青魔道士+黒魔法L6
レナ:青魔道士+白魔法L6
ファリス:青魔道士+黒魔法L6
クルル:シーフ+白魔法L6


レベルは上から40、38、40、40。
装備はアクセサリをエルメスの靴にしている以外は魔力重視。
前座のエクスデスのホワイトホールがうざいのでイージスの盾装備。
なんでクルルだけシーフかって?
ダッシュ要員です。ジョブチェンジするのめんどい。




各パーツ攻略
左下
色々な魔法を使ってくる厄介なパーツ。
しかしまほうのランプでオーディンを召喚すれば斬鉄剣で即死する。
開始直後にやられる可哀相なヤツ。

右下
強力な全体攻撃アルマゲストを使ってくるが、それ以外は何もしないし
行動も遅め。アルマゲストの使用前に振動するので、そのときに回復を
すれば怖くない。
それなりにうっとおしいので適当な攻撃魔法で二番目に倒した。

右上
攻撃手段が物理系。
暗闇が効くので青魔法フラッシュで空振り野郎になる
地味にLV3フレアが効く。
右下の次、三番目に撃破。


左上
味方全体にランダムで状態異常(戦闘不能含む)を付与するグランドクロス
がとんでもなく厄介。しかし麻痺が効く
こいつは残りのパーツを倒すまで青魔法マインドブラストで麻痺させておき
最後も麻痺を持続させながらいたぶって終了。




倒せばもちろんエンディングです。
全員生存EDということで、めでたしめでたし。

リアルタイムではすごく苦戦してFF6発売までにクリアできなかった
しばらく後、バハムート連続魔+ものまね連打でようやく倒したボス。
今はこんなに簡単に倒せるとはね・・・。

残るは神竜とオメガなり。





ボクオーン「ほう、ネオエクスデスを倒すとは・・・
クジンシー「ケケケ、楽しませてくれるじゃなイカ
posted by Juga at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | FF5-制限プレイ

2011年02月10日

FF5 ものまねしゴゴ撃破

110210_1.jpg

あーいつーの なまえー ゴゴ
もーのまねーの めいじんよー!


物理攻撃には物理攻撃で、魔法攻撃には魔法攻撃で驚異的な
ダメージを返してくるボス。もはや有名ではあるがこちら側
が何もしなければ「ま、まいった!」と言って戦闘終了。
ダメージを与え続けていると「でなおしてきなしゃーい!」
と発狂モードになってものすごい勢いでメテオを連発する。



こいつを倒す方法は大きくわけて三つに分かれます。
・何もしないでイベントを起こす
・発狂モードに入ってもごり押し
・ゴゴの行動を制限して安全を確保する


自分がとった方法は三番目。
行動を制限というと沈黙にして魔法を使えなくさせる等が
メジャーですが、今回はゴゴの攻撃が全て「カウンター」
である
ことを利用します。
ゴゴのものまねと発狂モードの発動は全てカウンターです。
つまりカウンターが発生しない方法で攻撃すればゴゴは
何もせずに死んでくれるというワケ。
カウンターが発生しない攻撃手段で最もメジャーなのは
「カウンター」でしょう。
(当たり前だけどカウンター攻撃にカウンターは発動しない)
ですが、ゴゴは自分からは何もしてこないので無理です。

というわけでとった手段がこれ↓
110210_2.jpg

四人のうち一人に炎の指輪、残りにリフレクトリングを装備。
そして味方全体にファイガを唱えます。
すると一人はファイガを受けて炎属性を吸収、ゴゴに三人分の
ファイガが跳ね返って飛んできます。
こうするとカウンターが発生しません
よってゴゴは何もできずに撃沈します。

システムの処理順序を詳しく知っているわけではありませんが
二刀流で攻撃したとき左手の武器ダメージが0だとカウンターが
発動しません。
今回の作戦でもそれと同じくカウンターが発生する条件(であろう)
最後に与えたダメージが1以上」を味方一人が魔法を受けていること
ですり抜けているのだと思われます。

もーのまねーの 仕様は
カウンターするーことー だから
させなきゃー かならずー かてるよー




まともに戦えば強敵だけどカウンター封じであっさりゴゴ撃破。
これで残るターゲットは三体となりました。





ボクオーン「ゴゴがやられたか・・・」
クジンシー「ケケケ、奴は四天王の中でも最弱・・・」
posted by Juga at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FF5-制限プレイ

2011年02月06日

FF5 ガラフ死亡

110206_1.jpg
110206_2.jpg


FF5の制限プレイはガラフ死亡&クルル加入まで進みました。
ここまではサクサクと進み全滅もほとんど無し。
やっぱり簡単すぎたかな・・・でもオメガやゴゴは本当に手ごわい
のできっとこの制限でも苦戦させてくれると信じます。


ガラフが死ぬという展開、当時誰が予想できただろう・・・。
記憶が正しければ箱の裏面にメテオを唱えている画面があったはず。
もちろん味方にはガラフがいるわけで、当然最後までいるものだと
思い込んでました。
何年も前にプレイしたFF5ではありますが、ここはハッキリ覚えてます。
間違いなくゲーム中屈指の名シーンかと。
posted by Juga at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FF5-制限プレイ

2011年01月21日

FF5-カーラボス戦

110121_1.jpg

風のクリスタルを入手。
今回の制限プレイはジョブチェンジをこれだけにするだけでなく
アビリティもこれらから習得できるもののみ。
まずは青魔法ゴブリンパンチエアロをラーニング。
特にゴブリンパンチは今後大きく活躍してもらう予定。

ラーニングが終わったらストーリーを進めます。
というわけでジョブチェンジ後で初のボスとなるカーラボス戦。
特技はHPを一桁にするテールスクリュー、麻痺を与える攻撃など。


110121_2.jpg














エビ―――――――――――!!
110121_3.jpg
キシャアァ―――――――――――!!
110121_4.jpg



弱点のサンダー6発で終了。


こんなザコを封印するのに風のクリスタルの力を使う必要あったんだろうか。
百歩ゆずって封印が解けたばかりだったので全力を出せる状態でなかった
としてもシルドラを道連れにできるほどの奴とは思えん。
(後にシルドラは召喚獣として登場します。補正かければバハムートより強い。)

そもそも航路として使われてる運河に魔物を封印するなんて危なすぎるだろ。
昔の人達は何を考えているのか。
このサイズだったら池に沈めてもいいんじゃないの。
posted by Juga at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FF5-制限プレイ

2011年01月19日

FF5−ウィングラプター戦

110119.jpg

風のクリスタル入手前に遭遇する最初のボス。




「たたかう」と「アイテム」しかない時に戦略もなにもあるか。
ブン殴って終了。
posted by Juga at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | FF5-制限プレイ

2011年01月18日

FF5制限プレイ内容決定

110102.jpg

今日配信のFF5、ようやく制限内容を確定させました。


・風のクリスタルのジョブ以外へのジョブチェンジ禁止
・風のクリスタルのジョブ入手以降、すっぴん禁止


やり込みとしては緩い部類に入ると思います。
それでも結構なリセット地獄になると予想。
ついでに厳密に定めるつもりはありませんが

・ボスは可能な限りBlogのネタになるような倒し方をする

これも条件に加えたいと思います。
レベルを上げて高い攻撃力でバッサリ。とかそういうやり方はダメ。
なるべくトリッキーに、アビリティや装備を駆使して闘いましょうと
いうこと。




制限プレイの達成条件は以前書いたとおり
「ネオエクスデス」
「しんりゅう」
「オメガ」
「ものまねしゴゴ」(何もしないで戦闘終了は不可)

この四体のボスを倒すことと定めます。



画面写真の用意もあるので実際に記事になるのはもっと先になりますが
とりあえず制限プレイは今日から開始します。
posted by Juga at 10:01| Comment(2) | TrackBack(0) | FF5-制限プレイ