2016年08月29日

新キン肉マン 第181話

消されたダウンカウント!!の巻

ふつーに完璧バスターくらってるー!(ガビーン)
しかも決まったー!ってな空気出てるしこれで終わり・・・
とはネメシスがおろしません
カウント負けではなく死をもっての決着にこだわるネメシス
アイスラッガーをつかんだらマスクが脱げそうで怖いかも。

「これがキン肉族が持つ危険な力だ」と語りますが
なるほどネメシス的には血筋由来の力って解釈してるのですね
友情じゃないと譲らないでしょうが自身に存在することは認めてる。

そうこうしてたらついにあの男が出てきました
「キン肉サダハル様ーっ!!」
真弓!!急いで来たせいかボロボロです
そしてネメシスの本名はなんとキン肉サダハル
巨人の歴史を語るに欠かせない名前を使ってくるとは
改めてポジションの大きさを感じさせます。

真弓はサダハルと直接会ったことがあるという事実
しかも当時は「キン肉族を滅ぼす」という今とは逆のことを
語っていたらしい・・・いや会っただけではなく
委員長と共に教えを受けたことがあると。
おお〜これはめっちゃ気になります
ネメシスがそう頻繁に外出するわけがないので
会ったタイミングはタツノリが死んだ時期?
委員長も一緒となると超人オリンピックの可能性もありますね。
それにしても昔取った杵柄コンビの頼もしさよ
現役を退いたかつての戦士って感じで
この二人をこんなにかっこいいと思ったのは初めてですよ。


CrBfK5BUIAAfPsW.jpg
それと真弓の服装について
真弓のマントにはいつもトーンが貼ってありますが今回は白い。
間違いなくタツノリが身に着けていた王家のケープでしょう
この試合はアイテムの行く末も見ものです。


それにしても今と逆のこと・・・キン肉族の未来を紡いでいってくれとか?
そんなキラキラしたことを言ってたらもはや萌えキャラなんですが
かつてのサダハルが語った黒歴史教えとは?次回に続く!
posted by Juga at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年08月22日

新キン肉マン 第180話

不殺の殺人技!!の巻

超人絞殺刑は特に何もなく返されてしまいました
「48しか殺人技ないの?オレは全部殺人技だよ」
と力を誇示しながらのネメシスの猛攻は続きます
痛い痛い、見ててとても痛い技ばかり
相手が殺すつもりで戦っていても不殺を貫くキン肉マン
48の殺人技といっても一撃必殺のものは少ない
人を殺さず邪念を殺す
それが48の殺人技の真骨頂なのだと。
そう言って繰り出したのはキン肉バスター
しかも火事場のクソ力発動によりマッスルグラヴィティ気味になってます

だがしかし
ウォーズマンとミートがベタ褒めするので
ネメシスが超人閻魔との友情パワー?を発動して
体勢をひっくり返されてしまいます
しかも技の形が新しい、まさかの新技完璧バスター!
なんでパーフェクトじゃなくてペルフェクシオンなのでしょうか
スパロボに親しんだ身としてはなじみのある単語なのですが
グリム輪廻転生ほどではないものの、かけ手が大変そうな技ですね。
でも返すのが困難だというのがすごく伝わるいい派生技かも

火事場のクソ力ですら格の上を見せつけたネメシス
キン肉マンはどう反撃するのか注目の次回に続く!



ネメシス的にはもうクソ力の発動はOKなんだろうか・・・
posted by Juga at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年08月08日

新キン肉マン 第179話

キン肉マンの秘策!!の巻

圧倒されるキン肉マンでしたが
ロビンとラーメンマンへの思いから攻撃を食い止めます
肉のカーテンから反撃に転じますがネメシスとてキン肉族
同じくパーフェクトディフェンダーで防御を固めます。
ここでネメシスから構えの違いの解説が入りました。
肉のカーテンは守りに徹するが、パーフェクトディフェンダーは
隙あらば殺す体勢であるとのこと。
この違いが正義と完璧の理想の違いでもあるそうで
思わずなるほどな〜と言わされてしまいました。
一見同じ構えでも別物であることを説明することで
両者の立場の違いを表現しております。
マッスルスパークにもこの違いが出てくることは
想像に難くありません。


今週のラストはキン肉マンの超人絞殺刑で〆
王家とは関係のないカメハメから教わっただけに
キン肉族の新たな未来につながる技だそうですが
それが絞殺刑って正直どうよ?
超人絞殺刑か・・・オレを葬ろうとした愚かな一族の
王の技にふさわしい名前だーっ!!」

とかいって返されそう
実際ネックバンプアップがあるし破るのは簡単よね。


有利で〆たとはいえ、まだまだ勝つビジョンが見えません
お盆なので来週は休みの次回に続く!
posted by Juga at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年08月01日

新キン肉マン 第178話

完璧なる才能!!の巻

さあ始まりましたキン肉マンVSネメシス!!
そういえば甲子園のオモシロ起源説なかったな・・・
ロックアップからのプロレスらしいシンプルなやり取り
力比べからのブリッジ、膝落としの流れはゼブラ戦のオマージュか。
こういうやり取りは見てて楽しいなあ。

才能とパワーと環境と年季で上回るネメシス!
って書くとキン肉マンの勝てる要素ってどこよ状態ですが
そこはまあキン肉マンですから
序盤の不利なんてお約束ですよ
ウォーズマンの的確なアドバイスもあるし
間違いなく巻き返してくるはず
来週はまだ劣勢が続くでしょうが心配は全くありません

まずネメシスのターンを堪能しておきたい次回に続く!!
posted by Juga at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年07月25日

新キン肉マン 第177話

友情と孤高!!の巻

戦いの場はラッキーゾーンではなく甲子園のど真ん中!
知恵の輪マンとキューブマン、キングコブラの姿もあります
ってゲェー!?阪神タイガースの三人!
あのとき試合をしていた選手も今回はラッキーゾーンにいます。
まさにキン肉マンが人々のヒーローであることを証明するシーンですが
ここまで準備した委員会(特にノック)GJ。

貴賓席の悪魔将軍はシルバーマンとザ・マンの代理戦争と位置づけ
部下に括目を促します・・・がオイオイ
バッファローマン悪魔超人側かよ!
ガンマンとの試合後は正義超人席に引き上げてたくせに
結局お前どっちやねんと。
(まあネメシスもそうだったけど)

ネメシスの王族のケープはタツノリからもらっただそうですが
セコンドの話と合わせてケープがタオル代わりになる可能性はありそう
タツノリの霊がやってもよし、真弓が投げてもよし。

この決戦、キン肉マンのコスチュームはKINスーツ!
もうゴングが鳴ってしまうテンポの良さにしびれる次回に続く!
posted by Juga at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年07月11日

新キン肉マン 第176話

歴史を変える一日!!の巻

キン肉マンVSネメシスいよいよ当日!
開場から30分でゴングって早いな

「ネメシスよ」
って頭!頭が天井についてますよ武道さん!
のっけから笑わせてくれる超人閻魔
今回はなんだかしおらしげ
ネメシスが完璧超人の門を叩いたことを嬉しく思っていたこと
始祖シルバーマンの正当な後継者であり
完璧超人の行く末を任せることもやぶさかではないことを明かします。

そんなわけで感激モードのネメシスですが
閻魔が発した言葉は想像を超えるものでした
「私は何か間違っていたのか?」
これまで怒れる完璧超人・歪んだ元神だった彼がこぼした
弱音ともとれる発言です。
ネメシスは自分が完璧超人の理念に救われたことを掲げて
即座に否定し閻魔をフォロー。何かを思い出したような閻魔は
再びクワッ顔になりました。

たった一言の問いかけで超人閻魔への感情移入度をぐっと上げました
本当に素晴らしいとしか言いようがない。
なぜなら完璧超人の教えが完璧で、完璧に守られていたのなら
ネメシスと超人閻魔はこの世にいなかったから。
二人が生きている事実を超人閻魔はどう思っているのでしょうか・・・
ここに至らせたのは間違いなくサイコマンだよなあ。


またラストの歓声とともに入場するキン肉マンもかっこいい
マントの中は新コスチューム、またはキン肉族の戦闘スタイルかな?
野球のついでに試合を組まれていたブタ男が
今では人々のヒーローなんだと実感させるいいシーンです。

ギャグもシリアスも絶好調だった今回
閻魔さんの体重に耐え切ったベンチを一番褒めたい次回に続く!
posted by Juga at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年07月04日

新キン肉マン 第175話

秘めていた覚悟!!の巻

「もういいここで死ね!」
とうとうネプチューンマンがキレました
まあ自分との闘いすらまぐれと言われたら仕方ない
つくづくウォーズマンはよくキレなかったもんだ

久々の喧嘩ボンバーを火事場のクソ力で止めたキン肉マン
さっきまでのヘタレではなく真面目な表情になりました。って
あっさりスイッチ入っちゃった
ここまでだとウォーズマンだけでよかった流れだと思うのですが
ネプチューンマンを出した意味はなんだったんでしょうか
ん〜考えるとするならば
今までネメシスとの試合を促していたのは正義超人側であり
完璧超人からもプッシュされる必要があったとか。
あとキン肉マンは「ネメシスと戦うべきだ」とは言われてますが
「ネメシスと戦ってほしい」と頼まれていないんですよね
自分より他者のために戦う男ですから
流れによる義務感よりも誰かの願いによって覚悟を決めたのではないでしょうか。
メタ的考察だとこの試合に難産して時間を稼いだという・・・

逃げだすことも、結局逃げないことも見越していながら
何も言わず見守っていたウォーズマンもナイス。

機は熟したけど試合開始は8月になりそうな次回に続く!
posted by Juga at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年06月27日

新キン肉マン 第174話

完璧超人の変革!!の巻

集団でネプチューンマンを襲う無量大数軍に吹いた
そこは試合しなさいよ、超人だろう?
まあ奇襲を含めて「まさか」だったのかなと。
しかしネプが無量大数軍にいたのならネプキン追放は
ずいぶん最近のことなのですな・・・
テムズ川にいたときはまだ追放されていなかったのか。

ネメシスと戦え
釘をさされてしまったキン肉マンは
自身をサギ師とまで言ってしまうのでありました。

さて完璧超人の多くはネプチューンマンに同調していると判明し
超人閻魔率いるトップ集団こそ少数派であると判明した今回。
閻魔が創立時の社長、始祖が創立メンバー、無量大数軍が現在の幹部
社会で例えるとそんな感じでしょうか・・・
なるほど超人閻魔は旧体制の老害であったか。
2世で老害言われたネプチューンマンから語られるとはなんとも。

引き続きやけにネガティブなキン肉マンですが
急成長超人のピークアブーに実力で勝ったんだから
自分は着実に成長を重ねたと思ってよさそうなんですが・・・
煽りまで不安になってるし
ネプよ、もう喧嘩ボンバーくらわしてもいいぞ次回に続く!


っていうか気づいてくれ
勝てって誰もいってないんだよキン肉マン
正義超人の魂を伝えればいいんだよ。
まあ伝わらずに負けたら死んじゃうかもしれないんだけどね。
posted by Juga at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年06月20日

新キン肉マン 第173話

闘うこととの闘い!!の巻

ジェロニモとピークアブー久しぶり
こうしちゃおれんとどこかへ行くピークアブー
ジェロニモは何かすることないのか?

大変弱気な我らがキン肉マン
それを励ますウォーズマンがいいやつすぎてつらいです
ブン殴られてもおかしくないと思いますよ今のキン肉マンは
一方のネメシスはなんだか挑戦者ムード
何故キン肉スグルが特別なのか?戦えばわかるのかもしれない
下等超人の粛清とかもうどうでもよさげねこの人


プレッシャーに耐え切れずキン肉マンついに脱走
檄を飛ばしに現れたのはピークアブーとネプチューンマンだった!


ほえー、ここで出てきましたネプチューンマン
サイコマン亡き今すっかり出てくるタイミングを失ったと思っていましたが
何をしに来たんでしょうか。激励はもちろんとして特訓するのかな?
考えてみればピークアブーは無量大数軍だからネプチューンマンがどこに
捕らわれているか知ってて当然です。
武道とネメシスはあの調子だし、ネプには警備もいなかったんだろうな。

うーん、今回はキン肉マンの弱気に対してあまり納得できませんでした。
振り返ってみれば「対戦相手も認めるキン肉マンが上手」的な空気は初めてだし
ネメシスの生い立ち、また戦う理由が(スグル視点で)希薄なこともあって
弱気になるのはわかるのですがちょっと演出過剰じゃなかったかと思います。
ウォーズマンへの態度はやりすぎじゃないかな〜
対応がよかったのでウォーズマンの株は上がりましたけれどね。

ネプチューンマンよ、一発気合を入れてやれ次回に続く!
posted by Juga at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年06月13日

新キン肉マン 第172話

甲子園決戦!!の巻

試合会場は甲子園球場
気になる日付は翌日の12時と決定しました。
ふーむ一晩なら特訓で何話も使うことはなさそう
ここから試合開始まで1〜2話と見た。


改めて悪魔将軍と武道が激突することも確定した今回
貴賓席が用意される各陣営は他に誰が一緒に来るのでしょうか
ジェロニモは外に出られるほど回復するのか
ジャンクマンもそろそろ回収してあげていいだろうし
ニンジャは入院してから一度も登場してませんよね。
最終決戦にふさわしいオールスター声援に期待しちゃいます。
空からシングマンが降ってきたら神次回に続く!
posted by Juga at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年05月30日

新キン肉マン 第171話

幕は再び上がり・・・・・・!!の巻

「では試合するか」とどこかフレンドリーさすら感じさせるネメシス
キン肉マンの方は「尻が割れてしまった」などと初期のギャグを
披露するなどヘッポコモードに入っております。
ダメージの蓄積などなんのその、ネメシスはやる気満々ですが

     ネ
    メ
   シ
  ス
 よ

そいつはゴールドマンを倒した男だから侮るなと
武道の戒めもあり、試合の段取りを決めておいて
後日改めて試合をすることとなりました。

ではどこで戦うのか?
武道がフン!すると世界樹の根っこが伸びて始めました。
中に入れば戦場にふさわしい場所へと導いてくれるとのこと
根っこの延びるスピードと影響を受けたインフラの立て直し
考えると気が遠くなりそうですが
抜けた先はなんと甲子園球場!


甲子園といえばキン肉マンがラッキーゾーンで試合を行い
掛布選手のホームランをきっかけに逆転した場所であります。
このシリーズは東京ドームができて間もない時代なので
ラッキーゾーンは健在のはず
肉世界での知名度を考えると再び野球の試合中に割り込みはしないでしょうが
甲子園からどんなミラクル展開が出てくるのか
「甲子園には魔物が潜んでいるというがそれは・・・」
とかオモシロ起源説を唱えるかもしれないし
今から楽しみでしょうがないです。

でも来週は休みなんだよ次回に続く!(血涙)




こうなるとシリーズのトリは将軍VS武道かな?
posted by Juga at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年05月23日

新キン肉マン 第170話

離脱!!の巻

シルバーマンのマスクが神殿に瞬間移動し(サイコマンの帽子・・・)
ジャスティスマンがテリーを下におろして
自分の答えを探しに出かけて終わり、えっ終わり!?

シルバーとジャスティスが退場しただけの繋ぎでした。
うーん意外。ジャスティスはてっきり最終カードを見届ける
審判になるのではないかと思っていたのですが。
ここでいなくなって「また会えるよな?」とか言われると
次シリーズの構想があってそこで再登場とかありそう。
アタル兄さんももしかしたらそこで・・・

毎回濃厚な話だっただけに今回は羽根休めでしょうか?
せめて決戦の場くらいは明かしてほしい次回に続く!
posted by Juga at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年05月16日

新キン肉マン 第169話

迷いなき大罪!!の巻

冒頭のシルバー&ジャスティスの掛け声がシュールな今回

サイコマンは始祖が消えるシステムを危険視して祭壇を改造
しかし全員消えないようにはできなかったため自分だけが
消えるようにしていました。
ガンマンにすることも考えたけどかわいそうなのでやめたとのこと。
もし円満にダンベルをはめる未来があったとしたら・・・
・・・うん、やめてよかった。
笑う場面ではありますが、サイコマンの性格からすれば
本気で誰かを犠牲にするなんて考えていなかったでしょう
いかにも彼らしいセリフです。

さてさて反応が待たれた武道さんは
サイコマンの行いを大罪と断じ、やはり大激怒か?と思いきや
哀しみの表情でこれまでの尽力に礼を言うのでした。
おお、これは予想してませんでしたよ
というか武道の株まで上げてくるのか・・・サイコマンGJすぎ。
純粋でありひねくれてもいる、とても深いキャラクターでした。
「シュゴォ」は預言書と同じ擬音だし、グリムのときみたいに
死んだふりではなく本当に消えたのでしょう。
サイコマン、お疲れさまでした。

で、なぜかシルバーマンも・・・
なるほど金銀パワーで復活できたのは一人分の体だけだったのね
何気にどうやって体を調達したのか読者の間でも議論の的でしたが
ちゃんと説明してくれましたね。
自力でなんとかしたんだろうと脳内補完はしていましたけど
借り物ボディじゃないよってことで考察が一つ固まりました。



・・・というわけで今回はとても濃厚な会話回でした。
シルバーマン、マグネットパワーの負の可能性を危惧し
封印しようとしたり、最後まで良さを認めなかった点では確かに
保守的であり完璧超人らしい頑固さを持っていました。
一方サイコマンは正の可能性を期待して理解を得ようとした点は
完璧超人らしからぬ改革派と言えます、間違っちゃったけど。
正義超人になりたかった完璧超人のシルバーマン
正義超人になれたかもしれない完璧超人のサイコマン
そして正義として戦うシルバーと完璧として戦うサイコか・・・
銀のマスクとサイコマンの帽子が重なるラストページは
不覚にも目に響くものがありました。


次に戦うのはキン肉マンか、はたまた悪魔将軍か
最終決戦の場所も気になる次回に続く!
posted by Juga at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年05月09日

新キン肉マン 第168話

消えゆく者!!の巻

ダンベルがそろった!悪魔将軍かっけー!
サンシャイン祭壇に行った!ブラックホール便利!
障害なくダンベルはまった!
バカな、まさかすんなり消えるなんてことは・・・
って武道座ってるし
いいのか?もう覚悟完了なのか?消えちゃうのか?
そんなことないだろ?
あ・・・あ・・・?

「ニャガニャガ」


ええええええええええええええええええええええええええええええ
サイコマンーーーーーーーーーーーーー!?




・・・と、一気に読んでしまった今回
ダンベルがあっさりはまったことがまず意外でしたが
仮にそうなってもザ・サムライ的理論で武道や将軍は消えない。
ここまでが自分の限界でした。
まさかサイコマンだけが消えるように細工してあっただなんて
一体何人が予想できたでしょうか。
最後の最後(最後じゃないかもしれないけど)でサイコマンの手により
大前提だった設定が一つひっくり返されてしまいました。
ひねくれてると思ったら純粋で真面目で、でもやっぱり曲者で
良い意味でどこまでも予想を裏切る男です。


完璧サイドの補充はさすがにされないだろうし
この後の試合は将軍VS武道、スグルVSネメシスで締めでしょうか。
意外にも消滅を受け入れていたっぽい武道ですが
なんだか感情と覚悟のやり場がなくなってしまいそう・・・
次回どんな反応をするのか楽しみであり怖くもあります。

武道さん思いっきりしゃべっていいんですよ次回に続く!
posted by Juga at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年04月25日

新キン肉マン 第167話

決意の証!!の巻

やはりダンベルを渡すことを拒否したテリーマン
しかし、永遠の命を授かった理由を説かれて
正義超人の代表として涙を流して渡します。
役目を終えたから眠らせてくれと、なるほどなー
一波乱あるかなと思いきやすんなりと。
残念でもあるしテンポの良さに感心もしました。

さてさてシルバーマンが取った二つと
バッファローマンがパンツの中にしまってた一つが
悪魔将軍の手に渡りました。
このまま「ダンベル揃いました、始祖と武道は消えました」
なんて終わり方はないと思いますがどうでしょう
キン肉マンVSネメシスは確定として
完璧超人側はもう武道しかいないんだよな・・・
相手をするなら将軍様でしょうが
いっそタッグになってもいいのよ!?

ゴールデンウィークの休載が憎い次回に続く!
posted by Juga at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年04月18日

新キン肉マン 第166話

血みどろの慈悲!!の巻

シルバーマンが残した壁画はあくまでヒントのみ
キン肉族はそれを磨き続けてきたと語られる今回
発展途上のスパーク達が描かれて大満足
タツノリスパークがけっこう痛そうだったり
右上スパークがすごい体勢だったり見どころあります。

彼の理想をも超えるマッスルスパークは
キン肉マンがフェニックスに放ったものでした
ではネメシス版に欠けているものは何か?
それは「慈悲の心」だそうで
ネメシスからすれば兄と先祖の両方から同じ点を指摘され
さぞ面白くないと思いますが
これでキン肉マンVSネメシスはゆるぎないものになりました
委員長と真弓が知る何かにも期待が持てそうです。
ネタ半分本気半分で
ネメシスの存在を危険だと進言したのが委員長の家系なんだろ
と考えていますが真相が待ち遠しいぜ。


ここでやっぱり生きてましたサイコマン
アロガントスパークの落下地点が
サイコマンが掘り返した穴だったので生き残った様子
それでも死なないかは賭けだったと、技の威力が伺えます。
消えるときは一緒に、との思いでダンベルを取ったシルバーマン
あーっとテリーとジャスティスのところに降りてきたー!!
ダンベルが全部そろったと思いきやどっこい
テリーマンはダンベルが揃う意味をたった今知ったわけで
「我々始祖を消すためにダンベルをよこしなさい」
と言われて従うか怪しいものです。
もし拒否したら、戦えないテリーの代わりにと
ジャスティスマン対シルバーマンだって夢じゃないのでは?

正直なところサイコとシルバーはずいぶん長いこと戦ってたので
別の超人が闘うところをみたいところですが
新旧スパークの餌食になるテリーもちょっと見てみたいな
光のダンベルはどうなるのか次回に続く!
posted by Juga at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年04月04日

新キン肉マン 第165話

シルバーマンの本性!!の巻

完璧弐式奥義アロガント・スパーク!
これまたエグいフィニッシュですこと
まるでOLAPをバスター技に昇華させたような。
足などから見るに受け手を外側から圧しているように見え
相手を屈服・粉砕するにふさわしい体勢となっています。
哀れサイコマンはグシャグシャな姿に・・・

この技を絶賛したのはなんとネメシス
完璧超人が崇めるべき究極のホールドやて。
ロビンとラーメンマンへの敬意を持っていたし
彼には良いものは良いと称えられる度量がありますね。
「これが自分の本性だ」と急に残虐面を表に出してきたシルバーマン
たとえ開祖であっても自分自身は正義超人ではないと。
しかし同時に完璧超人の限界を感じており、彼らの厳しい掟で
いったい何が育ったのか問いかけます。
なるほど確かに、どんなに高潔な掟であっても元はと言えば
己を高めて完璧に近づくためのものです
けれど実際に戦ってみたら下等超人に敗北を続けている完璧超人
井の中の蛙といいますか
厳しい掟もただの自己満足と言えるかもしれません。


で、殺すのでなく生かす技を開発していたシルバーマンでしたが
技の完成を果たすことなくにゴールドマンとの決闘を迎えてしまい
自分が果たせなかった理想へのヒントを後世に残すべく
フィニッシュホールドの壁画を残したのでありました。
(一晩で作ったのか!)
それを具現化したのがキン肉スグルのマッスルスパーク
これ明らかにネメシス版マッスルスパークへの仕掛けですね。
ラーメンマンを「確実に殺すつもりで」放ったマッスルスパークは
スグル版とは全く違う技。今回のアロガントスパークも同じく
「確実に殺すつもりで」放つものでした。
ネメシスの技はアロガントに通じる殺人技なのでしょう
ゆえにマッスルスパークとしては不完全といえます。
まあスグル版も
「死ぬなー!フェニックス!」といいつつ死なせてたんですけれども
心臓病の追い打ちがあったからセーフに違いない。
寄生体サタンクロス?知らんがな

突然の「僕は本当は怖いんだよ」アピールに
戸惑った読者も多いかと思いますが
自分はこれから戦うキン肉マンに感情移入させるために
あえてやってるのだと推測
主人公と読者の心を一つにするのですね。


でもネメシスは武道のとこに戻ってやれよ次回に続く!
って来週はお休みだウギャアキン肉マーン!
posted by Juga at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年03月28日

新キン肉マン 第164話

雷撃の果てに!!の巻

「体は傷ついても心は折れない!」
シルバーマンの気高さにしびれる冒頭
キン肉マンはともかくネメシスの目にはどう映っているのでしょうか
マグネットパワーは彼の基準で見ても邪道に見えるだろうし。

ベルリンの赤い雨で叩き折られたと思えば
シールのように貼りつく素敵なサンダーサーベル
体に巻き付けたのはなんと消磁のため
デバーミングでググった人・・・私です
さすが戦争の名を持つ男は詳しいですな。


マグネットパワー無しで再び奥義に持っていこうとするも
その力に頼りすぎて本来の仕掛けを研鑽しなかったため
あっさりと抜けられてしまいます。
ふーむ、他の始祖達は太古の時代と変わらぬ実力を見せてきましたが
サイコマンだけは衰えていたことになります
マグネットパワー抜きで以前より弱くなってしまったのなら
彼は彼で後戻りできなかったのかもしれませんね。


そしてついに出ましたシルバーマンの必殺技
マッスルスパークかと思いきやなんだか違う・・・って
こりゃまたすごい体勢です
この時点で肩がグシャグシャなんじゃないのかな
(実際に真似しても肩にキてできない)
マッスルスパークのように二段階目へ移行したらどんな形になるのか
従来よりもエグくなるのは間違いない
それにしてもゆで先生は腕をクロスさせる新技が好きですね。

奥義の名前も気になる次回に続く!




余談
160328.gif

シルバー版マッスルスパークを見て
思い浮かんだのがこれなんだな
posted by Juga at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年03月14日

新キン肉マン 第163話

友情と敬意!!の巻

拾式奥義不発の理由、それは・・・
ゲェーッ!ブロッケンがめり込んだ跡!!
技をかけたとき、リングはマグネットパワーの海になっていて
落下地点の状態がわからなかったのでした。
全っ然想像つかなかったけど説得力にあふれてます、悔しい!!
シルバーマン登場のきっかけにすぎないと思われたブロッケンの粘りが
思わぬ結果をもたらすことになりました。
もしファントムキャノンで終わっていたら十分な凹みができておらず
シルバーマンはKOされていたでしょう、そうであってくれ。

サイコマンを最高の友達と呼び
友情パワーを発動したシルバーマンにサイコマンはご不満の様子。
自分は馴れ合いではなく敬意を持っていたのだと
今の自分を超え、尊敬するシルバーマンのようになりたかったと
しかし、しかしながら
シルバーマンもサイコマンを尊敬していました
互いに敬意をもって高め合うこと
下界ではそれを「友情」と呼ぶ。
うわやばい、ちょっと泣けてくる
概念や言葉として認識していなかっただけで
友情は始祖にもあったのかもしれません。
歪みという変化の中で始祖達が失ったものこそ友情ではないでしょうか?

マグネットパワーに頼っている限り
サイコマンはシルバーマンの超えたい彼ではなりえない
マグネットパワーを認めさせない限り
サイコマンはシルバーマンを目指す自分を超えたと認められない
お互いの意地を再認識したところで試合再開
サイコマンはマグネットパワーで動きを封じつつ
サンダーサーベルの雨を降らせます。

マグネットパワーって使えなくさせる以外に打開策がなくって
正面から破るとなるとどうすればいいのでしょうか
シルバーマンの体はまだ帯磁しているし・・・
ジャスティスVSテリーほどじゃないけど
「勝つにしてもどうやって倒すねん!」感がすごいです

続きが気になりすぎますけど来週は祝日なのでお休み
ここでお休みはきっついな!
思えば試合が始まって3か月目、今月中には決着がつくでしょうか
完璧弐式奥義出るか?三大奥義との関連性は?
シルバーマン反撃(どうやって?)が楽しみな次回に続く!
posted by Juga at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン

2016年03月07日

新キン肉マン 第162話

マグネット・パワーに捧げた魂!!の巻

まさにリングはマグネットパワーの海!
体の自由を奪ったサイコマンはブリッジで・・・って
おお、これはマッスルスパーク?
と思ったら違う技でした
文章では表現が難しいすさまじい体勢であります。
近い技を挙げるとすればフォーディメンションキルかな?
スパーリングのときに散々使っていたそうですが
マグネットパワーなしでどうやってこの体勢にもっていくのか
ましてや防御の天才シルバーマンを相手にねえ。

邪道でも、夢でもマグネットパワーの素晴らしさを説くサイコマン
真面目というか純情というか、今回も人間味があって非常にグッド
ついに登場の完璧拾式奥義輪廻転生落とし!
たぶん歴代でもトップクラスに難易度の高い技でしょう
現実では無理かもしれませんこれ。


・・・が、不発!?
慣れないことをするからミスをしたといいますが
これは落下が綺麗に決まらなかったのでしょうか?
肩が片方浮いているので頭に直撃しなかったとか
サイコマンが尻餅気味な姿勢なのが見てとれます。
それとも見ただけではわからないミスがある?
これは面白い引きになりました!


「慣れないこと」というのは普通に考えれば
マグネットパワー込みで使ったことがないのが本命で
大穴は殺すつもりで使ったことがない、でしょうか。
後者ならネメシスのマッスルスパークの件と繋がりそうで
面白いと思うのですがどうでしょう。
でもサイコマン弱い説思いっきり空振りしたから自信ありませんぜ!


シルバーマンは立ち上がれるのか
弐式奥義あるなら見せてほしい気になる次回に続く!
使うとしても次々回でしょうけどね・・・
posted by Juga at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | キン肉マン