2015年03月26日

アニメ艦これ 最終話

image-3f844.jpg
絶体絶命の赤城を救ったのはやはり吹雪でした
大和隊との合流間に合ったのね。
吹雪の射程を考えたら視認できると思うのですがね・・・
シルエットでチラ登場だった五航戦も合流しますが
修理が間に合った理由が
「急にバケツが来たので」ってなんでやねん!

image-801ce.jpg
北上を救ったのはやはりやはりこの人
ドロップキックからの背負い投げ+空中狙撃のコンボ
攻撃では初となる体術です

image-25647.jpg
深海棲艦はなんと進化(?)
モチーフになったものが違うのに進化しやがりました

image-52de9.jpg
最終形態に対し長門も登場

image-d078e.jpg
那智が持っていた提督の指令書には
「全艦隊をMIに集結させよ」でした。
同時展開していたAL作戦そのものがブラフだったわけですね。
こうして飛行場さんを撃破しようとするのですが
セルや魔人ブウのような再生能力を発揮
雑魚もわらわらわいてきます。

ここでやってきた味方の援軍は
image-6eaca.jpg
前回の人影の正体、装甲空母大鳳

image-1e893.jpg
そして提督の司令部復帰
姿も何もないので
「ここで盛り上がるよー」と言われても・・・
行方不明の間に提督は何をしてたんでしょうか。
メタ要素を考慮に入れるなら
短期バイトで課金してバケツと大型建造を回したとか?
大鳳とケッコンカッコカリする夢でも見たか?

提督の指令は
「敵機動部隊を撃破しMIを攻略せよ」でした。
つまり、なぜ敵が再生するかというと
「空母がいる限りMIを攻略できない」そうです。

image-f7f3d.jpg
例のヲ級が最後の空母な気がする吹雪
この辺もなんでわかるのかさっぱりなんですが

image-06785.jpg
ヲ級との決着は描かれることなく
空母撃破、撃てー!で飛行場さんグロテスクに爆散

image-dbab7.jpg
さあ、鎮守府に帰ろう!みんなと提督が待っている!



image-d3ab8.jpg
・・・・・・・おや?



image-871e1.jpgimage-f34bc.jpg
EDテーマと共に帰還を喜ぶ艦娘たち
そして一話の再現のように吹雪が振り返り
「おかえりなさい、司令官!」と言って締め。

そして続編製作決定の文字




えー正直なにがなんだかわからない最終回でした。
電波飛びすぎ

長門や赤城、大和が感じる大きな力
深海棲艦はどこからくるのか
艦娘はなぜ存在するのか
吹雪はなぜ史実を乗り越えられるのか
なぜ提督は勝利の方法を知っているのか
吹雪が攻略法をおぼろげに知っているのはなぜか
如月の髪飾りの意味は何か

もともと話をまたぐ伏線が少ないアニメですが
その貴重な伏線をもブン投げていきました。
続編が劇場版か第二期かわかりませんけれども
全てが明らかになる日はくるのでしょうか
来たとしても「そういう事か、スゲー!」となるとは・・・


少なくとも続編ありきで作られた最終回であることは間違いなく
史実の知識や如月の髪飾りはその伏線だと思われるのですが
重要なファクターならもっと全編を通して提示して欲しかった。
続編あるなら尺が足りないと納得した部分も多少ぶり返すし。

なんだかアニメの艦これはこうだ!っていう独自設定を作らずに
枠の中で(無難に)収めようとしたら枠の中で粉々になってるような
冒険しないなら轟沈出すなよと思いますがね。
自分は今でも轟沈の有無を問われれば轟沈肯定派ですが
最終回でポッと出にせずもっと絡めて欲しかったです。


艦娘がアニメで動くのはみてて楽しかったし
アニメで評価が上がった艦娘も沢山いるから
無くてよかったとまではいいませんが、
全体が歪になってるのが非常に残念でなりません。
シーンごとではいいところ沢山あるのにね。

ひとまず視聴者と製作陣の方々、お疲れ様でした。
続編も(期待しないけど)見ます。
posted by Juga at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ

2015年03月19日

アニメ艦これ 第十一話

image-980cf.jpg
MI作戦を待つ赤城はミッドウェーの夢を見ます
敗北、そして舞風の雷撃処分・・・
気になる赤城は長門に編成について意見を出します。

image-02485.jpg
一方、MI作戦を控え、吹雪は気合充分
そしてとうとう鎮守府内の放送で編成が発表されました。

image-e619e.jpg
北上と別艦隊になって驚愕の大井

image-70903.jpg
川内三姉妹はお留守番ってマジか!
このままだと夜戦なしで終わってしまうぞ、いいのか!?


image-8b964.jpg
第一機動部隊の護衛を勤めることになった吹雪と夕立
そして留守番の睦月
如月に祈りをささげつついってきますの挨拶です

image-e54ca.jpg
トラックから大和も出撃!
最終回で颯爽と登場ですねわかります。

image-127ee.jpg
ここで謎の人物のシーン
シルエットからすると大鳳?
でも史実だとミッドウェー時点では大鳳はまだ・・・


image-5becf.jpg
作戦行動を開始したものの大和部隊と合流できない赤城たち
利根がしっかりカタパルトを故障させてます
なんでや!ゲームでは直ってたやろ!
あ、改二じゃないから?

赤城は吹雪と金剛を待機させ、他のメンバーと共に先行します。


image-d76d0.jpg
MIのボスといえはこの飛行場の人!
赤城たちの奇襲であっさり無力化されるのが悲しいですが
例のヲ級部隊が背後から攻撃をしかけます。
やはりラスボスはこいつか

image-6cd24.jpg
一航戦と二航戦がどんどん損傷していきます
運命に抗おうとした赤城ですが無情な史実展開
絶望する赤城に爆弾が投下されたところで引き。




と、いうわけでMI作戦発動の11話でした。
8,9,10と物足りず、不安いっぱいで放送を待っていましたが
正直けっこうよかったですよ?
史実を乗り越えるという明確なテーマ
その筆頭として進む赤城は凛々しかったと思います。
ただ・・・

このテーマをもっと早く提示して欲しかった
今までにも史実を再現する戦いはあったのです
如月という絶好の史実を乗り越えられず繰り返された悲劇
この時から史実の記憶をちらつかせていれば・・・
もう二度と会えなくなるような気がする、とかさ
そうすれば「史実を超えないと勝てない」っていう
緊張感と勝利のカタルシスを大きくできたと思います。

気づいた人も多いと思われますが
大和の出撃シーンで五航戦のシルエットが写ってますIMG_1028.jpgIMG_1027.jpg
吹雪の活躍で翔鶴の修理が間に合ったのでしょうか

image-341d2.jpg
大和の横に置かれた二つの駒が五航戦なのでしょう
史実でミッドウェーに参加できなかった彼女たちが
大和と共にやってくるわけです。
その横にいるわずかに文字が見える艦も誰なのか気になります
謎の人物と合わせて考えると大鳳が濃厚か?

被弾したと思われる北上は明らかに大井ブチキレの伏線だし
艦載機を出せなくなった赤城の結末
はたまた那智が持っている指令書の存在など
ワクワクさせる要素を沢山持っているのにも関わらず
今までの積み重ねが足りていないのが残念でなりません。
史実をもっと示唆していったほうが感情移入できたと思います。
知らなくても大丈夫、知ってたらお得、ではなく
説明と物語を同時進行できていたら・・・


とにもかくにも来週が最終回
川内は夜戦なしで終わってしまうのか次回に続く!
posted by Juga at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ

2015年03月12日

アニメ艦これ 第十話

image-ce15a.jpg
「改になれ!」
その言葉でますます特訓に励む吹雪
つまりまだ錬度が足りていないということ
発光してないだけで実は改造レベルに達してた線もあったんですが
トラックから帰ってきた吹雪をどう鍛えるつもりだったのだろう。


image-2c2a4.jpg
暗号を使った指令書を出していた提督
「棲地AFってどこ?」というわけで
艦娘たちは調査を開始、第三水雷戦隊が再び組まれました。
5話で解散したので実に久しぶりの終結です。
でも再会シーンは特に無し・・・なんでやねーん。

image-8c770.jpg
image-8803d.jpg
吹雪は錬度欲しさに先行しあわや轟沈の危機に
四話でも危なくなってるんだけどな・・・
如月の件もあるし睦月を泣かせたらいかんぜよ吹雪。


なぜに提督はそこまで吹雪にこだわるのか
吹雪もまたなぜそこまで提督に応えたいのか
その理由は第一話の夕焼けのシーンでした。
このとき吹雪はどうして自分を鎮守府に呼んだのか
提督に尋ねたそうですが・・・。


image-0e822.jpgimage-ce206.jpg
「夢で見たから」



(゜Д゜)?

ちょっとわかりません
吹雪が必死に話しかけてくる夢を見たから
鎮守府に呼んだって?
ちょっとわかりません(二回言った)
(一話で初対面なら)この娘が吹雪だとなぜわかるのとか
なんで背景が現代の東京なのとか
吹雪がケッコンカッコカリ台詞に加えドレスを着てるとか
電波すぎて何がなにやら
とどめに「ここから一緒に始めよう」なんて口説くとか
提督ただの変態じゃないですか。
あっ自分も提督で変態だった、てへぺろ。

このシーンはこういう設定を示唆してるんだよ!
と色々想像できるけど真面目に考えたら負けかなと思いました。

image-8b1e1.jpg
ちらっと台詞無しの登場のちとちよ
数々の報告を総合し「AFとはMIのことである」と断定する長門


image-8393d.jpg
決戦に向け、なんと赤城が吹雪を随伴艦に指名します。
しかし加賀が実力を試すと言い出し、一航戦でしごくことに。
ボロボロになっても立ち上がる吹雪、応援する睦月
先に折れかける加賀と厳しく発破をかける赤城など
わりとよくあるスポ根な展開

image-5b6a9.jpg
なんとか試験を乗り越えて発光し大型改修となりました。

image-ce2cb.jpgimage-76449.jpg
「改」と発言されていましたがこれは改二!・・・に見えますが
ところどころ以前のままのような?
もともと夕立と比べて変わったところは少ないし
ゲームの改二実装がアニメ放送開始とセットだったし
製作の事情とかもあるのかなと思ったり。


image-97af5.jpg
空に向かって赤城先輩の随伴艦になります!と笑顔の敬礼


そんなわけで第十話でした。・・・正直な話
「夢で見た」が強烈すぎて他の印象が薄い
頭の中で色んな突っ込みと予想が乱立してごちゃごちゃに。
ただ九話で編成から外されたシーンから
「一緒に始めようって言ったのに、どうしてこんなひどいことするの?」
みたいなドロドロ展開の臭いがして嫌だな。


九話以上に色々あってついていくのが大変でした
ストーリー自体、進めるだけで精一杯だった印象です。
第三水雷戦隊の再結成と夕立改二の初戦闘なんて
盛り上げる場面を作る素材はあったのにね。

それにいまさら第一話のやり取りには重要な意味があったと言われても・・・
マシンガンズ結成秘話じゃないけど
秘密なら秘密のままでも味のある場面だと思っていたし
そもそも提督の姿がないので吹雪の気持ちに共感しにくいです。


次回はいよいよMI作戦だけど
夕立改二の見せ場はなさそう
加賀さん死ぬなよ次回に続く!
posted by Juga at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ

2015年03月05日

アニメ艦これ第九話

image-bd050.jpg
九話が始まったら夕立が光っていた

image-11a78.jpg
なんでしょうかこれ、実は神だったとか?
いいえ、改二になる兆候だったようです。ポケモンか
うちのちとちよもずっと光って・・・

image-ecfba.jpg
そんなわけで夕立改二になりました。
特にイベントもなくあっさりなるとは思わなかった
再編成以後は出番ほとんどなかったしねえ。
フル下着での初披露が見せ場・・・なんでしょうか
提督の股間しか盛り上がらんぞ

image-c0fb7.jpg
大型改装について聞いてみても
自分はよくわからないという大食い二人
どちらも改二がない艦娘です。相談相手悪すぎ

image-034ea.jpgimage-8ddb1.jpg
提督からの辞令で夕立は第一機動部隊に配属
吹雪は第五遊撃部隊解散、鎮守府に戻ることに
嫉妬と落胆、葛藤する吹雪

image-04100.jpg
そんな悩みも
夕立が吹雪に刺激されて毎日朝練をしていたことを知り
吹っ飛びました、っていうか川内さんお久しぶりです。
あの・・・那珂ちゃんは?

元気を取り戻し鎮守府に戻る吹雪と他の戻り組
その一方MO作戦は中止に
長門は作戦続行の打電をうちますが・・・

image-6055e.jpgimage-4eae6.jpgimage-7369f.jpg
あああああ鎮守府が・・・
例のヲ級です。青いオーラ出してるんですけど・・・ヒエー

image-9c18b.jpg
この空襲での人的(艦的)被害は不明ですが
提督は行方不明になりました
ちょっと艦娘の反応がちょっと薄いような気がします
死んだと限らないにしてもちょっとね。
姿が見えない提督だからあまり変わらないのが残念なところです。
あと鎮守府の復旧は艦娘でなく妖精さんにやって欲しかったですね
沢山出てきて修理をしたら見た目に映えると思うのです。

image-b29af.jpg
そんな提督が残した指令書に書かれた言葉とは
「吹雪よ、改になれ!」




そんなわけで第九話でした。
うまくいっていた吹雪の主人公らしい挫折が出てきたし
味方サイドの被害、そして主人公の強化宣言。
最終戦に向けての動きにはなってます。
ただ駆け足で場面転換が早いのなんの
鎮守府が焼けた数分後には復旧の目処ですし。

大きかったのが
夕立の見せ場と期待していたら壮大な肩透かし
この落胆はけっこう大きかったです。
せっかくの大型改装だというのに・・・
大和の主砲のときもそうだけど
どうも「ここすごい場面だよ!」と魅せきれてません。
尺の問題?いやでもカレー回あったしな〜とか。


あまり気にされてなさそうな提督ですが
生きてるパターンですよねこれ
最終回でババーンと登場することはできないので
他の鎮守府に支援を要請していたとかならありえる。
通信がもれてるなら直接行けばいいじゃないってね。
かといって鎮守府を留守にするのはどうかと思いますが。

それとわれらが主人公吹雪
これはもう改二になると思われます。
史実と照らし合わせると最終決戦はミッドウェー
対空の高い吹雪改二になって挑むのが必然かと。
それにしてもどうして提督は吹雪を特別視するのでしょうか
史実準拠なら特型駆逐艦なんてほかに沢山いるじゃないかと
ずっと言われていました。
今回もわざわざ名指しで改造宣言するし
特別な何かを持っているのかも。
一話での激励とうまく噛み合ってくれればきっと熱い展開に・・・


次回は睦月回
ピンチに駆けつける改二コンビあるかも?
夕立の見せ場を今度こそ作って欲しいです。
posted by Juga at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ

2015年02月26日

アニメ艦これ第八話

image-eadf0.jpg
艦これ第八話始まりました。
公式ツイートにより舞台が移るとかなんとか
その真相はトラック島でした。
ついこの間までイベントやったあたりか・・・
いかにもな南の島で蛇もいます。
第七話の直後のようで翔鶴は中破してました。
結局祥鳳はどうなったんでしょ。

image-ff8ac.jpg
島で待つのはついに登場の戦艦大和
FS作戦に向けて建築された前衛基地に待機している様子。

image-ffd17.jpg
基地の中は超豪華
内装も食事も第充実って妖精さんがメイドしてるー!?
もっと妖精さんを出してくれてもいいのになこのアニメ。
大和の振る舞いがほとんどホテルの支配人状態なのですが
本人はホテルじゃありませんと思わず反応してしまいます。

image-73d43.jpg
基地では睦月や夕立らメインキャラが続々と登場
大和の46cm砲なら「深海棲艦なんてぽいぽいぽ〜い!」
ああ夕立いいキャラだなあチクショウ
久しぶりに出番が多くて嬉しいです。

image-73d99.jpg
みなさんお待ちかね?の水着シーン
北上さんが盛りすぎのような気がします。

水着を見せたのは
吹雪、睦月、夕立、大和
第六駆逐隊、大井北上、高雄愛宕、長門

金剛や一航戦はなしですか


image-9d92d.jpg
存在が極秘のため出撃したことがない大和と
練度不足で出撃できなかった過去の自分を重ねる吹雪
長門から「余計な手出しはするな」と釘をさされても構わず
こっそり海に連れ出します。艤装がでかいのなんのって。

image-2a924.jpg
しかしちょっと水面に浮いただけでこの腹ペコ
大和が箱入り娘になっているのは極秘なだけでなく
資源をバカ食いするからでした。
無断で連れ出した吹雪は潮干狩りの刑に処されましたとさ。


image-f9930.jpg
長門だって好きで言ってるわけじゃないんでちゅよー♪

ああ長門がついに・・・
一人きりの入浴中に現れたリスを捕まえてこの姿
辛いものがダメだった第六話で片鱗はありましたが
やっぱりこういう素を持ってたのですね、実にいい。
陸奥にはなんでもないとごまかしますシーンでは
四話で出た「嘘をつくとき早口になる」設定が出てます。

image-f9d53.jpg
艤装をつけて出ると資源を使うというのなら
ボートに乗せればいいじゃない作戦
吹雪一人では動かすことも出来ないって体重いくつだろう?

image-be956.jpg
のんびり海の散歩と思いきや敵艦載機を発見
この日の朝に第二艦隊が撃ちもらしたものですが
睦月は「そういえば」で済ましていいのか
撃ちもらしの爆撃で如月沈んでるでしょーが。

これを大和が自慢の46cm砲+三式弾で撃ち落とし
長門からも大目に見られてめでたしめでたしです。
なお陸奥はリスと長門をしっかり見ていた模様


というわけで第八回でした。
細かいところでは・・・
・祥鳳の安否が引き続き不明
・七話の直後っぽいのに吹雪より赤城と加賀が先についている
・睦月と夕立と一緒だった最上や那珂ちゃんは?
・「ホテル」は基地のこともあって大和だけじゃないような
・46cmがすごいと言っても直接の比較対象がない
・水着シーンのあり、無しの艦娘がいる
・敵機に対する睦月の反応が薄い
・艤装はどこから出したのか
・46cm砲のお披露目が艦載機相手では爽快感が微妙
・大和の前でHOTELを連発する金剛

とまあざっと見てもいろいろと。

しかしながら
大和に自分を重ねて海へ導く吹雪という構図
出撃ができないから勉強してるという共通点も出しており
信頼関係の構築はできたかなと思います。
睦月、夕立のメイン復活も果たし終盤への準備は万端。
長門もいい感じに壊れた。
全体の三分の二を終えた区切りにふさわしいストーリーでした。


次回は夕立改二っぽい?!
ここで夕立回となるのか
夕立が暴れたのはもっと後(ミッドウェーの二ヵ月後)だし
史実通りならこのタイミングではないはず
どういうストーリーになるのか気になります。

夕立が大活躍するなら夜戦か?
夜戦なら同じく改二をもつ川内型にも期待したい。




睦月改二、実装してあげては・・・
posted by Juga at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ

2015年02月19日

アニメ艦これ第七話【ネタバレあり】

image-32dcd.jpg
吹雪が旗艦を勤めることになった第五遊撃部隊は
順調に任務をこなしていましたが加賀と瑞鶴は未だに
意地の張り合いで押しっくらをする始末。

image-535ee.jpg
そんな中で加賀が瑞鶴を魚雷から庇い損傷してしまいます。
瑞鶴が食らっていたら轟沈していたそうで
アニメの艦これはハードモードやね。

image-3f062.jpg
高速修復材の在庫がなく(なぜ第二話で使ったし)
次のMO作戦には加賀のかわりにと翔鶴が出撃を希望
吹雪の判断でこれを受諾しますが・・・
提督には一つ憂慮すべき事柄があるようです。

image-df1d4.jpg
瑞鶴はちょっと憂鬱にウサギをつんつん
ウサギ気に入ってるのね〜
吹雪に隠そうとするところが可愛らしいですな。

image-31b97.jpg
一方の加賀は赤城と二人でゆったり入渠
赤城じゃないけど大型艦は暇つぶし大変そう。

image-9a797.jpg
今回の敵は空母ヲ級を含む機動部隊!
軽空母ですらあんなに苦戦したのに・・・
でも前回と違い味方に五航戦がいますので
一方的な戦いにはならないはず。

image-35537.jpg
相変わらず索敵を大事に、慎重に進める吹雪ですが
例の提督の憂慮が頭をよぎります。
なんと鎮守府の通信・暗号が筒抜けになっている
三話の奇襲失敗もそれが理由か?
今回久しぶりに妖精さんが偵察機に乗って登場。かわいい

image-208e1.jpg
今回の作戦でも別鎮守府の艦隊の中で
祥鳳が大破炎上中で大ピンチ。
登場していきなり大破してる祥鳳って一体
大破してたらハラリと落ちてなきゃおかしいだろ!(何が)


ヲ級に先制攻撃を加え無力化した第五遊撃部隊
五航戦を待機させ残る敵艦の掃討を始めます。

image-a229c.jpg
待機しながら
「瑞鶴は加賀さんと仲がいいのね〜」みたいな会話をしていると・・・

image-56cdc.jpg
伏兵!
もう一隻のヲ級、さらに駆逐・軽巡・重巡をそろえた艦隊が。
ヲ級が黄色い目をしているのでflagshipヲ級と思われます
空母が後方待機になったところを狙い打ちにする作戦でしょうか
偵察機を引っ込めたタイミングで出てきてますし
ガチでつぶしにきてますコレ。

image-0edb3.jpg
案の定というか翔鶴が被弾
妙高さんのようなアグレッシブなやられ姿を披露してくれました。
瑞鶴は翔鶴を抱えつつスコールに逃げ込み
艦載機を放つ一瞬を生み出そうとします。

一方その頃、吹雪も敵の意図を察知してUターン
睦月に続いてフラグクラッシュ!

image-61151.jpgimage-2a571.jpg
間一髪で五航戦を救った吹雪達

吹雪の一撃で左目を負傷したヲ級が再登場することは確実。
ちょうどゲームでも左目が光ってるヲ級改がいますので
宿敵として今後の活躍が期待されます。
そのヲ級を魚雷から庇う重巡もイケメンだと思いました。


image-dc7f4.jpg
戦闘報告を受けても驚くことはないと言う加賀
「みんな優秀な子達ですから。」

というわけで第七話でした。

やばい加賀さん超強力
ゲーム内の台詞をそのまま引っ張ってきたものですが
本来は自分の艦載機に対する台詞で七話冒頭にも使われました。
これを仲間に対して言わせ締めに使うのは上手かったと思う。

正直戦闘パートとしては今までで一番面白かったかな。
冒頭の加賀から始まり、フラグの匂いがした翔鶴や
いきなり大破の祥鳳など終始ハラハラして見てましたが
この緊張感は三話がなかったら半減してたろう、と思うと
三話がプラスに働いたように思えます。

ヲ級の左目の件や暗号の解読の謎など
今後に繋がる描写があって次回が楽しみになりました。
(暗号については単に史実が、ってだけの可能性も)
深海棲艦の謎にも触れられそうだし後半に向かって
物語が動き出しそうでなにより。
今までは吹雪の成長以外に次回へ繋がる要素がほとんどなくて
唯一のそれと言えるのが轟沈だけだったので・・・

面白かっただけに六話が完全に浮いてしまっており
このあたりの順番はなんとかならなかったのかとも。

image-208e1.jpg
安否が全く語られなかった祥鳳ですが
ハアハアと息をしていたので水中にいるとは考えにくく
吹雪も「最悪の事態は回避できた」と言っていました。
たとえ別の鎮守府に所属する艦娘が相手であっても
「勝利できれば最悪ではない」と考えるタイプではないし
大破炎上で済んだのだと思います。


image-4ec36.jpg
ところで出撃前の翔鶴が少々腹黒いというか
五話の随伴艦発言もそうだったけど
天然なのか不明ながらややトゲのある発言が見られます。
他のメンバーと比べて台詞が浮いている上に
暗号の件があるのでスパイではないかと一瞬疑ってしまいました。
瑞鶴ほど表に出さなくても対抗心とかあったのかな・・・
個人的には腹黒な翔鶴も歓迎ですけどね、うふふ。


ずいぶんハラハラさせた第七話ですが
史実では一航戦も五航戦も沈んでおらず
まだまだ緊張感を持って視聴しなければなりません。

とうとう次回は戦艦大和が登場するようですが
ギャグ回でもおかしくないサブタイトル・・・
バケツないのに大丈夫なんでしょうかこの鎮守府は


ハラショーと那珂ちゃん決めポーズもなかったのと
祥鳳がハラリしてないのは不満だったけど満足の七話で
次回に続きます。
posted by Juga at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ

2015年02月12日

アニメ艦これ第六話

image-47de6.jpg
第六駆逐隊の大活躍間違いなしの艦これ第六話
いきなり長門型が重苦しいムード
コメディ回だと確信した瞬間です。

image-8647e.jpg
ああ〜なんか懐かしい空気。いいねこういう演出

image-52429.jpg
第六駆逐隊はいきなり入浴での登場
シャンプーハットを使うレディーがいますね。
第六駆逐隊は遠征要員として日々頑張っているようで
赤城の随伴艦だった雷と電は格下げの気がしないでもないです。

image-35109.jpg
ポスターは一年に一度のカレー大会
鎮守府では週に一度カレーを食べる日があるのですが
(現実世界の自衛隊もこの習慣あり)
優勝すると一年間、そのカレーが採用されるとのこと。
わりと気合が入りそうなイベントです、ありがちだけど。

image-3306d.jpg
料理=一人前のレディーというわけで
第六駆逐隊のカレー作戦が始まったのです。
タイトル詐欺やこれ

image-4195d.jpgimage-bb6b0.jpg
火力が強いからと高速建造材を使って鍋を溶かしてしまい
夕張に新しい鍋を作ってもらうシーン。
作業服の夕張がとても新鮮で嬉しいですが
この場面で出てこないということは
明石はアニメに出てこないのかな

image-8cdc6.jpg
頭装備にされるとは夕張と視聴者も予想してなかった
どんな料理でも美味しくなる幻のボーキサイトの話を聞き
出撃する第六ですが・・・

image-ea7ab.jpg
そんな簡単に見つかるわけがなく
だだをこね、やめようかと言い出した暁を長門が励まし
自分達の力で頑張ろうと気合を入れなおします。

image-b0ac3.jpg
そして始まったカレー大会

image-89c89.jpgimage-975fd.jpg
実況は霧島と那珂ちゃんがお送りします。

出場者はイカの通り
image-9231d.jpg
金剛&比叡

image-99007.jpg
一航戦コンビ

image-a5814.jpg
五航戦コンビ

image-806cb.jpg
島風

image-d9368.jpg
お嫁さんにしたい艦娘ランキング一位の羽黒と
お嫁さんにいかせてあげたい艦娘ランキング一位の足柄さん


image-88f5f.jpg
そして第六駆逐隊
壮絶な戦いが予想されましたが


image-7ec4a.jpg
比叡の入れた具が災いして金剛姉妹ダウン

image-51514.jpg
一航戦はつまみ食いで料理にならず
(嗚呼、第二話では大食いでも素敵な先輩だったのに・・・)

image-a4170.jpg
なお吹雪は赤城の食べっぷりに惚れ直した模様

image-df713.jpg
五航戦は翔鶴のスカートが取れてしまいリタイア
ここ今回のサービスシーンですね

image-e5d98.jpg
島風はレトルトでカレーを作り自分で食べてリタイア
何しに来てんでしょうかこの子は
今回那珂ちゃんは突っ込み役で大会一番の常識人です。
那珂ちゃんいいところもってくなー

image-444ab.jpg
そんなわけで大会は第六駆逐隊と足柄の一騎打ちに
数多くの経験と試行錯誤を繰り返し
すさまじい辛さと旨さを誇る足柄カレー、強敵です。
もう後が無いと女子力を求める足柄さん素敵すぎ
深海棲艦よりオーラあるよ
自分はここ笑い転げたんですけどこういう足柄さんが
好きでない人もいるようで、エンターテイメントは難しいなと。


image-4361a.jpg
審査員長門の判定は・・・


image-824cb.jpg
第六駆逐隊の優勝!

・・・とまあ結果が予想できた提督も多いと思います。
なにせ長門は甘いものが好きなので
激辛よりも甘口を選ぶのは当然と言えるでしょう。
甘口カレーを作るであろうことを見越して第六を応援してたようですが
それは公平なのか長門よ。無駄に計算高いな

image-8449e.jpgimage-3889a.jpgimage-0b131.jpgimage-df5c4.jpgimage-77684.jpgimage-d9696.jpgimage-379ea.jpg
そんなわけでカレー大会は幕を閉じたのでした。

泣き顔がかわいらしい足柄や
さりげなく赤城より沢山食べている加賀さん
そして第六の満ち足りた寝顔が何よりもまぶしいラスト。


image-7eb91.jpg
というわけでニヤニヤがとまらなかった第六話でした。
後半になるにつれてテンションが高くなっていき
特に足柄が突き抜けるとこまでいった感じ。
第六駆逐隊同士のやり取りも多くて見ごたえがありました。
艦これの日常パートとして個人的にすごく満足です。
やっぱり第六駆逐隊はかわいいですな。

image-c2169.jpg
一方、(おそらく意図的に)吹雪視点で進めてきたにも関わらず
いきなり暁型を主役に据えて、吹雪をモブにした構成。
第五遊撃部隊のメンバーが参加しているのに絡みなし
前回の続きとしては全く機能しておらず
話をぶった切りにしている感は否めません。
第七話が「再編成から数ヶ月」とか
時間をおいて展開されるならありかな・・・
TVアニメの中の一話でなく、何かに付属しているDVD収録とかなら
神作扱いされてた、かも?
完全に推測ですが金剛姉妹や第六駆逐隊は多分
「このメンバーがメインの回を一つ入れる」ノルマが
あったんじゃないかな〜、なんて。


第五話もシリアスパート少なめだったので
そろそろ物語も動くかな?
次回はまたもや瑞鶴がやらかすみたいですが
台詞だけではツンデレとも言えるし
シリアスかコメディか予想しづらいですね。
尺を考えたらもう一話まるごとコメディはきつそうだけどな・・・

夕立の見せ場も作ってあげて!
posted by Juga at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ

2015年02月05日

アニメ艦これ第五話

image-a15b5.jpg
如月ショックが終わりどんな五話を迎えるのか
楽しみな艦これ第五話
いきなりの艦隊再編成通知

(  Д ) ゜ ゜  ポーン
なんと他の艦隊も再編成されるとのこと
吹雪と接する人物をシャッフルするようですね
新しいキャラクターにスポットが当たるので楽しみですが
ずいぶんと思い切った展開です。

image-f5f37.jpg
次の艦隊でもみんな頑張っていこう集会
結局駆逐艦トリオは違う艦隊に配属されてしまいました。
吹雪の所属は第五遊撃部隊
新設の特殊部隊だそうで、かなりの抜擢では?

そして気になる第五遊撃部隊のメンバーは・・・
image-22bec.jpg
重雷装巡洋艦 大井
重雷装巡洋艦 北上


image-a7ff1.jpg

正規空母 加賀
正規空母 瑞鶴


image-2575c.jpg

戦艦 金剛


なんぞこのメンバー
個性的だし強いし人気艦だし

雷巡コンビがハイパー化していないとはいえ金剛は改二だし
ゲームでこの編成をしたら初心者の壁2-4とか楽勝ですよ。
でも吹雪は大井の負のオーラや加賀、瑞鶴のピリピリムードに
心労が絶えません。前回一緒だった金剛が唯一の癒しですが
艦隊をまとめられるかはまた別の話。

なお他の二人はというと

image-1f768.jpg
睦月は最上先輩にメロメロ
(如月のこと忘れないでね)

image-d7e0b.jpg
夕立は那珂ちゃんとまた一緒になり漫才コンビ結成

両方ともさりげなく史実で関係のある艦娘と組んでます
今後の展開予想のために覚えておくといいかもしれません

image-93f12.jpg
順調な二人をうらやましがる吹雪
いいなーいいなーが可愛らしくて実にグッド


image-62a4a.jpg
第五遊撃部隊は旗艦を決めるだけでも揉める始末
順番に試してMVPを取った艦娘にしようと出撃しますが・・・

image-5537a.jpg
金剛 失敗(作戦が強引すぎる)
瑞鶴 失敗(加賀が言うことを聞かない)
加賀 失敗(初戦で加賀が中破)
次の 失敗(おそらく北上、詳細不明)
次の 失敗(おそらく大井、北上中心の輪形陣の謎采配)

そんなわけで全然決まりません
加賀さんがへっぽこに見えても気にしない
資源は大丈夫なのか

image-742e7.jpg
入渠中に加賀さんがウサギを作ってます
修復に時間がかかるからと赤城さんから教わった模様
赤城さん暇つぶしの達人か


第五遊撃部隊の意思統一はままならず
提督に再編成を進言すべきとの意見が大勢になる始末。

image-e498d.jpg
部屋を出る際にウサギを可愛いと言った瑞鶴
吹雪はここに希望を見てこの艦隊で頑張りたいと意思表明
表情がかなりマジでした。

image-8f7bf.jpg
そんな時に敵の襲撃が
小規模とはいえ鎮守府に攻めてくるっていうのは
ゲームではないシチュエーションですね。
・・・ん?
ゲームでも敵が攻めてくるようになり防衛艦隊を編成するとか
そういったアップデートの可能性が?

image-4463d.jpg
敵艦四隻なら楽勝だと懲りないメンバーをたしなめ
自分を囮に作戦指示を出す吹雪
ずっこけていた頃とは全然違う動きです。

image-6ec53.jpgimage-f71a8.jpg
個性派揃いの艦隊を勝利に導き
みんなの意見が吹雪を旗艦にすることで一致

あれ?赤城さんの護衛艦よりすごい立場じゃない?

image-d60e5.jpg
最後はウサギの作り方を瑞鶴と一緒に教わって締め



いやあシンプルに楽しめた第五話でした。
艦隊再編成と部屋の移動もあって登場人物が大きく変化
初期メンバーが離れてしまったことは残念ですが
物語にメリハリがつくのでとても良いと思います。

最低でもあと一回は再編成があると思われます。
このまま最終回まで行くはずがありませんし
ゲーム内での加賀さんの台詞
「良い作戦指揮でした。こんな艦隊なら、また一緒に出撃したいものです。」
これを絶対使ってくると思うのですね。
ゲームの台詞を積極的に使う製作スタッフなので
第五遊撃部隊が解散されるときに使うに違いない、使ってくれ。


第六話はみんな大好き第六駆逐艦隊のカレー洋作戦!
カレー洋といえば・・・マレー沖海戦が元ネタといわれる戦い
見せ場が沢山ありそうですな。
今週はハラショーがなかったので次回に期待したい!
posted by Juga at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ

2015年02月04日

アニメ艦これ第四話その2

image-43a9a.jpg
今夜に備えてアニメ艦これ第四話を視聴。
四話自体はいい話だったのになぜ賛否両論になるのかな、と
前回、視聴者が吹雪と睦月どちらに近いか・・・と書きましたが
アニメ側にはどんな要素があったのでしょう。
素人ですが理由を考えてみました。

四話は朝起きる→睦月いない→如月を待ってるから始まって
朝起きる→睦月がいる→「おはよう」で終わる
これを睦月の時間が動き出す演出にしてるんだと思います。
image-22c4c.jpg
だから二人で泣いた翌日
睦月が初めて声をかける相手は吹雪である必要があったのですね。
また第四話では第三、第四水雷戦隊の描写がほとんどありません。
(例外:アイドル決闘の那珂ちゃん)
彼女たちが如月轟沈でどうなったかといえば
「夕張が落ち込んでいた」と会話で触れられる程度。
これは出番をあえて絞ったと思われます。
四話のメインの中で如月と近いキャラは吹雪と睦月だけ
金剛姉妹は直接関りがなく、島風はあのフリーダムだしね
登場人物の面でも二人を強調しています。

image-72636.jpg
けれど「如月が沈んでも皆無反応」なわけはないので
暁型で士気の低下、落ち込みおよび金剛姉妹の騒ぎで元気を出す
演出をしています。


しかしやっぱり・・・こうして改めてみると
言葉より演出の方向で作られたと思うのですが
それでも演出が足りなかったかなと思います。
image-b4962.jpg
たとえば睦月が如月を待つ場所を三話ラストの岬にするとか
「単独ではいい話なんだけど三話と合わせるとちょっと・・・」
と言われるのは構成がぶつ切りになっているからではないかと。
如月が轟沈した事実以外に三話から引き継いだものが見えない
睦月の心情を描写してないからなおさらです。
視覚的に三話を連想させるものがあればまた違っていたかも?
ベタだけど時計を使うとか
表情と展開意外でもっと訴えるものが欲しかったです。

image-edfd0.jpg
もう一つの原因は三話後半の進み方
睦月の出番が非常に多く主人公的であったのに対し
吹雪はいいところを持っていく相棒ポジションでした。
吹雪視点を貫くスタンスならここはブレにあたるのでは?
睦月視点で進み衝撃のラストだった三話
それで四話が始まってみるとずっと吹雪視点
置いてけぼりをくらった人もいたでしょう。


予告でサブタイトルがW島だった時間
そして三話から四話にかけての時間
視聴者が如月轟沈を覚悟したり受け入れる時間はそれなりに
あったと製作側は踏んだのかもしれませんが・・・
説得力が足りなかったか、あるいは視聴者の耐性が想定より弱かったか
艦これにおける轟沈の重みを再認識させる案件です。
轟沈がこんな話題に上るのは捨て艦戦法以来じゃないかな。
(あのときはもっと激しかったけど)

と、雑文長文になってしまいましたが四話感想の補足でした。
こんな真面目にアニメを見たのは久しぶりです
イカ娘なんか何も考えずに見てました。

そろそろ羽休めの回が来るんじゃないかと思いつつ
第五話を楽しみに待ってます。



余談
吹雪が轟沈する展開は四話で99%なくなったと思います。
なぜなら今回やられそうになったとき轟沈台詞を喋ったから。
「やだ・・・やだよぉ・・・」ってやつですね
アニメは如月にゲームの轟沈台詞をそのまま言わせてますので
一度言った台詞を繰り返させるとは考えにくいのです。
ただ加賀さんが「ここは譲れません」と二回言ったので1%は可能性あるかな。
posted by Juga at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ

2015年01月29日

アニメ艦これ第四話【ネタバレあり】

image-43a9a.jpg
image-bb855.jpg
三話のラストから数日
睦月は如月ショックでこうなってしまいました。
毎日如月の帰りを求めて海を眺める空虚な瞳
人前では普通に振舞うので余計に心に来ます。
どうすればいいのかわからない中
吹雪に島風、金剛四姉妹との任務が舞い込みます。

image-493a5.jpgimage-da956.jpg
登場でいきなりのバーニングラブ
*提督離席のため大淀に誤爆
島風もおぅおぅうるさいし大丈夫なんでしょうかこの艦隊は

image-005d2.jpg
任務は深海棲艦より先に資源を守ること
スピードが重要になりますが敵に戦艦がいるので
編成は金剛型+吹雪&島風
(島風は有名ですが史実の吹雪も早いそうです)

image-ef8fa.jpg
陸奥は姉妹のはっちゃけぶりに壁をたたいて笑いをこらえます
爆発ネタ→笑いの沸点が低いってなキャラ付けでしょうか


しかし出撃当日
島風が任務を忘れてどこかに行った模様
フリーダムすぎるだろ!
探すのは大変なので誘き寄せ作戦が行われることに・・・

image-8beaa.jpg
そして始まる四姉妹のライブ
本当にこの艦隊大丈夫か
お祭りの空気に誘われて艦娘たちが集まり始めますが
島風は見当たらず

image-cac70.jpg
艦隊のアイドル那珂ちゃんとの決闘が勃発
決闘は金剛に任せて吹雪達は違う作戦を決行

image-72636.jpgimage-224f0.jpg
しかしなんだかんだ言って周囲は楽しそうですね

image-65ff4.jpg
結局島風は作戦で捕まえることはできず
ティータイム中にふらっとやってきました
なんだったんでしょうかこの騒ぎは。

image-c61df.jpg
そんなわけで出撃となりましたが
メンバーの調子は相変わらずで思わず笑ってしまう吹雪。
「やっとスマイルを見せたネ!」

image-b30ac.jpg
敵との戦闘は順調に進んでいきますが
吹雪が慣れから来る油断か前に出すぎてしまいます。
初めて吹雪の中破状態が出てきましたね
また足首が水に沈んでます。
ダメージを受けると浮力を失うってことでしょうか。
第一話の最上が中破したとき足首が沈んでたな・・・

恐怖に加え今の睦月の姿が頭をよぎり
動けなくなった吹雪を戦艦の砲撃が襲い

万事休すと思いきや


image-ac09b.jpg
ガッ
image-954c8.jpg
バーン
「踏み込みが足りないネー!」


(  Д ) ゜ ゜

まさかの援護防御+切り払い
金剛さん砲撃を拳で弾き飛ばしました
これは予想しなかった防御方法
金剛型でこれなら長門は腹筋で受け止めそう

image-e4b17.jpg
多くは語られませんが
金剛姉妹のバカ騒ぎは吹雪を励ますためでした。
さっすが金剛姉様です!


image-22c4c.jpg
相変わらず如月の帰りを待つ睦月の前に帰還した吹雪
悲しみと向き合わせるため無言で抱きしめ
心の痛みを分かち合い一緒に泣く良いシーンです。

image-1a2f5.jpg
翌日、睦月にも笑顔が戻ります
あのときから止まっていた時間が再び動いたと。



というわけで第四話でした
正直、良かったです。
最初は金剛姉妹のはっちゃけぶりにポカーンでしたが
吹雪を元気付けるためにやっていたことがわかる終盤で
ああ、そういうことかと納得。
度が過ぎてると感じたのもまた事実ですが
物語の骨組みは一番かもしれません。

これは大方の予想だった
「吹雪が仲間の死を乗り越える話」ではなく
「吹雪が仲間を支える話」

周囲に支えられ励まされてきた吹雪が
四話目で初めて誰かの心を支え、守る。
よき成長物語だと思いました。

ただ三話がショッキングだっただけに今回も賛否があるみたいです。
これは自分の推測ですが
製作側は視聴者と吹雪の心情をシンクロさせたかったのだと思います。
だけど睦月に近い状態で四話を見た視聴者も多いでしょう
四話開始時点で視聴者は吹雪型と睦月型に分かれていた、みたいな。

金剛姉妹は睦月ではなく吹雪を励ましました
なぜなら彼女達はあくまで先輩にすぎないからです。
睦月を支える人はもっと身近な存在でなくてはなりません。
金剛から吹雪へ、吹雪から睦月へ
哀しみと向き合うための道のりは筋の通ったものになっています。
もし金剛たちが睦月の前であんなふうに騒いだら・・・
いい結果にはならないですよね。
睦月型の視聴者は実際にそうなったのではないでしょうか。

もっと吹雪型の視聴者を増やせていたら四話は神回だったかも
構成や演出については素人なのでなんともいえませんが
やはり如月ショックが想像以上に大きかったのでは・・・
長くなってしまったので今日はこの辺で
多分後日もう少し書きます。


で、次回は加賀さんですか
五航戦の姉妹も出てきそうで楽しみな次回に続きます!
posted by Juga at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ

2015年01月24日

アニメ艦これ第三話その2

第三話は終盤の出来事に話題がさらわれがちで
もう一度そこ以外をおさらいしようと思いました。
というわけでちょこちょこと。

image-1b271.jpg
W島攻略作戦は第三・第四水雷戦隊で夜戦を仕掛け
敵水雷戦隊を挟み撃ちにする作戦。
狙いはよかったと思いますが敵に空母がいたのが誤算
ゲーム的には「夜戦マップだと思ったら空母がいた」
そんなところでしょうか。

image-406ea.jpg
image-b51ed.jpg
愛宕のお守りを見て第一話で吹雪が落としたお守りがよぎります。
デザインは似てるけど色が違うかな?伏線になるかと思ったのですが
案外関係ないかもしれない。
軍に配属されるときって親しい人からお守りくらいもらうだろうし・・・
誰からもらったか気になるところ。

image-95ac4.jpg
皆の差し入れをスルーしようとする吹雪
せめてあんみつは食べてけ!

image-af9dc.jpg
「北上さんが教えたんだから一発くらい当てなさいよね!」
大井のポジションがけっこう美味しい
「北上さんに手をかけさせないで」とかいいつつ
おせっかいを焼く可能性ありますぞ。
これは良い意味で予想外の関係です。

image-ece04.jpg
出撃前のおさらいでバランスを崩す吹雪
前回まではずっこけてたのでちゃんと上達してます。

image-eedd7.jpg
かつて無いほど肌色の少ない長門型

image-8bbaa.jpg
多摩の超絶柔軟性
やっぱこいつ猫やろ

image-ca7bf.jpg
赤城の人生アドバイスは良い話だと思いますが
これが自分の死亡フラグにならないか心配です。
加賀さんに言ってそうなイメージ沸かない・・・

image-bf278.jpg
今週の決めポーズ那珂ちゃん
ほんと、アニメ向きのキャラだなあ

image-8b5b3.jpg
駆逐艦の大好きの言い合いっこを見直すと
夕立も言えてませんでした
第三話で大好きと言ったのは
吹雪←→睦月
睦月→→夕立
吹雪→→夕立

これが後のフラグにならなければいいけど・・・

image-2ebe3.jpg
砲撃はやっぱり迫力というか重量感が足りないかなあ
戦艦に期待したいです。

image-ad4ea.jpg
これまでモブ扱いだった夕張がすごいイケメン
三枚目なイメージを持っていたのでびっくり

image-6ca8e.jpg
金剛型の三式弾の演出は非常に頼もしかった
ニュータイプ兵器に対抗!できるかも?

image-f11a7.jpg
吹雪たちを迎える艦娘たち
大井っちが優しい顔で拍手に加わっております
なんだかんだ吹雪のこと気にかけてるのかな
今後の絡みに期待。

image-a71df.jpg
報告の際にぐっと握り締めるところに
長門の感情がこもってる感じがします。
こういう役は睦月に掴みかかられるのが定番ですが
掴むところスカートしかないな
どうなるのかな・・・

来週が待ち遠しくなる点において第三話は成功したと思います。
良くも悪くも睦月と如月は話題筆頭に上るようになったし
このアニメを無難にしなかった製作陣の意思が読み取れました。
ほんと、今後が楽しみです。
誰が轟沈してもいいように覚悟しておかねば


あと三話では流れなかったED曲の「吹雪」ですが
リズムにすごく聞き覚えがあるな〜と思ってたら
作った人がいた模様



違和感なくてすごすぎる
posted by Juga at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ

2015年01月22日

アニメ艦これ第3話【ネタバレあり】

image-b90a8.jpg
何か起こるんじゃないかとヒヤヒヤする艦これ第3話
W島攻略作戦の作戦会議から始まります。

image-e6f2e.jpg
突然声付きで登場の望月と弥生
弥生の登場は意外だったかなーって
実装はつい1年くらい前だった気がします、が
ウェーク島の戦いの編成を見たら嫌な完全に史実を意識してました。
天龍と龍田がいないけどネ


作戦内容は吹雪たち第三水雷戦隊と如月が所属する第四水雷船隊で
W島に夜戦をしかけるということで
image-a85df.jpg
一人やる気満々


image-5fb72.jpg
睦月が如月大好きな理由は姉妹艦だけでなく
史実通り二番艦の如月が鎮守府では少しだけ先輩
着任したての睦月を支えてくれたから。なるほどなー

image-597d5.jpg
命がけの戦いを宿命づけられているゆえ
感謝の気持ちを伝える大切さとコツを説く赤城先輩
こうして駆逐艦同士の好き好き合戦が始まることに
睦月が一番感謝を伝えたい相手は当然如月になるのですが

image-f7b61.jpg
「この戦いが終わったら伝えたいことが」
などと巨大なフラグを立ててしまいました。
リアルタイムで見たとき「やめれ睦月マジでやめれ」と何度思ったことか
第二話から重ねていたフラグではありますけど少し露骨よね
心の準備をしとけってことなのでしょうか。

image-d11e1.jpg
image-32a8c.jpg
敵勢力に軽空母がいたため奇襲を諦め撤退、交戦に入るのですが
空母の強いぞ感がわりと良い感じ。第一話でも赤城たちが圧倒的で
航空戦力の重要さをアピールしています。
この調子だとヲ級は相当だろうね、タコヤキなんかもっとヤバイよね。

image-7ea58.jpg
「絶対に生きて帰るんだ!」
もはやフラグ積み立て機と化した睦月
少しどころじゃなくかなり露骨
狙ってやってるのか自然にやってるつもりなのか気になるところ。

image-7597b.jpg
あっ・・・(察し)



image-edfd0.jpg
ドーン

ぱんぱかぱーん!
吹雪がやってくれました!


image-595af.jpg
なおも残る空母と艦載機は遠征帰りの金剛四姉妹が助っ人三式弾で一掃
って戦艦四隻でなんの遠征にいってたんですかね
吹雪たちと敵艦が近すぎて誤射しないかヒヤヒヤしましたよ。

敵艦隊は撤退していき勝利!



だがしかし

image-93c5d.jpg
これでFINISHなわけがなかった

image-c0958.jpg
image-7f79c.jpg
手負いの艦載機が・・・



image-405a8.jpgimage-77dfa.jpg

如 月 轟 沈




image-b4962.jpg
如月の帰りを待つ睦月がもう、なんかもう
視聴者にはきつい場面です。

命がけと理解してるつもりだったけど
如月が轟沈してしまうとは思わなかった。

轟沈無しを予想していた視聴者と睦月たち
両者の心境は意外とシンクロしてるのかもしれません。

尊い犠牲は後のストーリーに生きてくるのか
って第四話のサブタイトル
私たちの出番ネ!Follow me!!
すごい空気ぶったぎりなんですけど!
この流れからどうやってこの台詞が飛んでくるのか
ゲーム設定を考えたら金剛型でボスに挑むんでしょうが・・・
睦月が心配な次回に続く。




むむむむ!やってくれましたアニメ艦これ
史実通り如月轟沈。爆弾にやられたところも再現なのでしょうか
(こうなるまでの流れは違うとおもうけど)

轟沈させたら大きな反応が返ってくることが
わからない製作スタッフではないでしょう。
捨て艦戦法の是非なんかすごかったもんな・・・

自分はありかなしかで言えばありです
ゲームのシステムに轟沈があるのだからアニメでも
取り扱うのは自然なことだし、吹雪の成長物語の観点でも
仲間の死を取り扱うのはあり得る展開だと思います。
轟沈させる、させない、どっちも正解で
アニメはさせるほうを選んだか!といったところ
ただし前述の通り過程が露骨すぎる点はマイナス要素かな。

史実に沿ったことでほとんどの艦娘が轟沈の可能性を持ち
物語を緊張感を持って見ることができそうです。
そんなもの持って見たくなかった人には残念ですが・・・


それとアニメの提督の能力についてですが
如月を轟沈させた=無能みたいなコメントが所々で見られるのが
ちょっと・・・
今の艦これは轟沈の条件がほぼ解明されており、通常なら
提督の判断かミスが無い限り艦娘達は安全に出撃できます。
けれど
それが当たり前にまるまで多くの艦娘が沈み提督が涙しました。
提督の中には轟沈経験を持つ人も多いはず
最古参の提督だって当時は何も情報の無い新人だったのです。
轟沈時の台詞を知ることができるのも先人があってのこと
アニメでは敵がどこにどれだけいるかわからない状態で戦ってますので
ゲームで当たり前のことを知らないからと責めるのは・・・と思います。
とはいえ錬度ゼロの吹雪を姫のいる海域に行かせるのはどうかと思いますが

あと提督の姿を出さないのは現時点では正解かと
これ顔と声があったら批判がすごかったと思います。
今でも批判されてますがもっと過熱してただろうし
もう出てくるたびに言われるでしょうから・・・
posted by Juga at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ

2015年01月15日

アニメ艦これ第2話

image-ec95c.jpg
吹雪の爽やかな早朝ランニングで始まり
とうとうお披露目となったオープニング。カットが多いし
北上大井コンビがくるくる回るのはかっこよかった。
すんごく気になるシーンもあるんですが後述。

image-c95fe.jpg
教室では合コンに失敗した足柄さんの砲撃が如月に炸裂
運動苦手な吹雪ですが座学はかなり優秀の様子。
教室のシーンは駆逐艦の会話が沢山でよかった
足柄さんも教師ポジションが実に似合ってます。

image-ca5a8.jpg
宿題やらない勉強さっぱりな夕立は相変わらずぽいぽい
典型的なダメ生徒な立ち振る舞いを見せる彼女ですが
頼りなさそうなイメージも今のうちっぽい?
そうなると勉強はダメで実技は得意なキャラになるのかな。
ガクブル表情はゲームや版権イラストでは見せないので新鮮。

image-5f4bd.jpg
デーン

image-45f8d.jpg
川内型のキャラは安定してます。那珂ちゃんうざかわいい
川内、神通、那珂、長門の4人が一つの画面に収まってますが
全員同じ声優さんです。声優すごい。


image-783d8.jpg
あの、なんで吹雪だけあんみつないんですか?


image-b67e4.jpg
image-0a270.jpg
2話にしてお風呂シーンが早くも!
赤城さんの修理15時間や高速修復材で提督満足。
カレーも炊飯器一つどころじゃなかった。


そして後半は吹雪の猛特訓パート
川内型三姉妹の波状攻撃で轟沈寸前になったりもしましたが
仲間達が特訓のサポートをしてくれる展開は王道的で良い。


image-6f555.jpg
image-eeba0.jpgimage-a5c24.jpg
北上さんに魚雷の指導を頼む命知らずな那珂ちゃん
大井っちが必死にガードするのは予想通りの展開。
「何してけつかる!」は間違いなく流行る
書いててケツアルコアトルを連想したのは自分だけでいい

image-36b27.jpg
ところが北上さん

image-953e8.jpg
吹雪の頑張る姿を見かけて自分から指導

親友のガードによりまったく接点を持たなかった北上さんが
言葉ではなく姿勢を見て思い・・・というのは
吹雪がすごい主人公しててお気に入りのシーンになりました。

ってか北上さんはアニメでも魚雷のエキスパート
ボーっとしてて地味だけど実力はすごい人
大井っちと共に活躍する回があると見ていいでしょう。

image-9fc9f.jpg
大井っちの表情もイイヨー
魚雷指導に至るまでの経緯はもっと長く見たかったけど
1クールだし仕方ないね・・・
加賀さんも大井っちみたくパートナーをガードするんじゃないかと
思ったんだけど、どうもそうではないらしい。


というわけで非常によかったです。
視聴者へ大まかな世界観を説明した第1話
吹雪を登場人物に紹介し評価させる第2話
いい導入だったと思います。
で、
第3話のサブタイトルからはW島という地名が・・・

image-9d236.jpg
・OPで一瞬移る煙をあげる空母らしきもの
・W島という地名
・突然出番と台詞が増えた如月
・第3話というタイミング

もしこのアニメがシリアスで重い話を取り入れるならば
ここで大きな出来事が起こるでしょう。
具体的に言うと如月の轟沈
逆に轟沈しなければ脱落者の心配はほとんどなくなります。
頑張れ如月、次回に続く!


最後に
image-678bf.jpg
利根+メガホンってなんか似合いますね
「では次、吹゛雪゛!!」
posted by Juga at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ

2015年01月08日

アニメ艦これ第1話

image-e007e.jpg
艦これアニメ、始まりました!
幼いイメージだった睦月がしっかり者しててちょっと新鮮
あと教室?の昭和的なイメージはちょっとほっとするな〜なんて。
第一話は大まかな「アニメ艦これってこんな世界」を詰め込んだお話
主人公の吹雪は実戦経験のない新人という設定でした。

image-c3d86.jpg
球磨と多摩はわずかな出番だけどカッコよかった。
水上スキーで進みながら主砲や魚雷を撃つ世界なので
戦闘シーンが地味になってしまうのではと心配でしたが
演出面でカバーできると期待がもてそうです。
それと
image-d895e.jpg
いちいちポーズをとる那珂ちゃんはアニメ映えすると確信しました。

出撃してからは戦闘が続きますが水上スキーはやはりシュール
敵さんの迫力はなかなかのもので
image-1448a.jpg
敵駆逐艦超強そう
これでもレベル一桁の水雷船隊でフルボッコできるんだぜ・・・
姫やヲ級も人間サイズだったから敵としては大きい方になるはず
雑魚のくせに生意気だ

image-25fce.jpg
逆に姫は障壁も攻撃も最後までしょぼかったイメージ
設定的には障壁を唯一破れるのが艦娘ってことなのかな。
強敵って感じがしなかったのは残念です。

image-a32b1.jpg
艦載機には妖精さんが乗ってるみたい。
今後もちょい役で顔を見せてくれると嬉しいな。
むしろドンドン出して画面を賑やかにしてくれてもいいよ!

image-e4871.jpg
吹雪がモーレツに主人公して第一話は終了。


物足りない部分や違和感を感じる部分もありますが
第一話は及第点以上だったんじゃないかと思います。
この先がどうなるか全く読めないし艦娘が動きまくるしで
テンション上がりました。


シリアス路線で話が進むと赤城さんが死にそうで怖いですが
戦死者は出ないんじゃないかな・・・多分・・・
出たらスタッフは勇気あると思う。
それはそれで見てみたいような、見てみたくないような

ともかく次回に続く!
posted by Juga at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ艦これ