2017年05月27日

グウェントのチャレンジにチャレンジ

DA11n2xVoAAhRHq.jpg

モンスターデッキを組むためにチャレンジをプレイ
最後のリーダーデッキが手に入るやつだけ苦戦して
何度も負けてしまいました。
これはもう相性なのかと諦めてスケリッジデッキに
切り替えたら何度目かで勝利。
これでフォグレットデッキを作れるよ!
ひたすら霧を出してフォグレットを場に出すデッキ
フォグレットをコピーする必要があったり
墓地を掃除されたら一発でアウトですが作ろうと思います。

そのためにも天候を生成できるリーダーカードがほしかった
これで一歩目をふめたかな。
posted by Juga at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年05月25日

タル25個開封

グウェントのダウンロードが終わっていたので
パッケージ代だと思ってJPYを使ってタル開封!
してみたはいいものの動画も撮ったのにブログに載せられない
ソースコードを貼ろうとしてもボタンが反応してくれません
何か間違ってるかしら・・・ちょっと確認します。



多くのカードが特殊能力を獲得していて
ルールは同じでもカードプールはもはや別物ですな・・・
まあ対AIオンリーだった時とは全然違うので当然ですけど
MTGプレイヤーとしてこういうのは腕がなりますね!
posted by Juga at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年05月24日

グウェント ウィッチャーカードゲームβ開始

ウィッチャー3のゲーム内ゲームであるグウェント

対人要素がないのが残念だな〜と思ってたら
本当に対戦ゲームになっちゃったこのゲーム
基本無料で開発中でしたが本日パブリックβが
開始されました!
というわけで早速ダウンロードを始めたのですが
4GBあるので明日に持ち越しですね・・・


あのまま対人をしたらデッキが似通ってしまうので
かなり手を入れていると予想します。
何にしてもPS4でプレイできる基本無料のカードゲーム
ということで貴重な存在となれるか
ウィッチャー3のネームバリューも含めて注目の一作です。

あ、5月はこれをやればいいんだ。
posted by Juga at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年05月17日

フォーオナーの新キャラ

DAB-h2xUMAAkoAk.jpg
フォーオナーで新キャラが実装されたでござる。
忍とセンチュリオンでござる。
イメージ的には忍がニンジャで
センチュリオンがローマの闘技場で戦ってそうな人でござる。

忍は素早い動きと可変リーチの鎖鎌で戦う機動型でござる。
正直回避行動などはかっこいいでござる。
しかし全キャラトップの打たれ弱さを誇り
攻撃力も抑えめに見えるでござる。
正真正銘上級者向けのトリッキーなヒーローでござるが
心配ご無用!みね打ちでござる!


野武士をずっと使ってきたでござるが
もう一人のメインキャラクターとして使っていくでござる。
動きがニンジャらしくて気に入ったのでござる。
posted by Juga at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年05月06日

5月の注目ゲームソフト

ないんだなそれが(何)

これは買ってみようかと思うものがありません
五月病なのか・・・
ただフォーオナーの新ヒーローの実装や
マギアレコードの配信が控えておりますので
やることがないということはありません。

6月になったら聖剣伝説やるんだ・・・
posted by Juga at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年04月22日

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド感想

C69SdeJVoAA0DLL.jpg
かなり遅くなってしまいましたがゼルダの感想です。

以前も触れましたがこのゲームのすごいところは
いわゆるズザザーが存在せず
「見えるところは全て移動範囲」という
オープンワールドでよく用いられる言葉に偽りがないことです。
このスクリーンショットに写っている場所すべてに
足をかけることができるのですね。
鳥の上にもロードを挟むものの行けますよ。

C6DyRBrUwAAPgOt.jpg
頑張りゲージが続く限り、一部ダンジョンの壁以外なら
全て上ることができます。ので
「マーカーの場所に行きたいけど崖が・・・」そんなときも
がんばりゲージが尽きなければ強引に登れます。
ゲージを瞬時に回復するアイテムを簡単に作れるので
準備をすれば登れないところはないと言っていいでしょう。

また、滑空できるので高いところに登る利点がすさまじく
地形を把握できるだけでなく滑空でスムーズに移動できるのです。
アサシンクリードみたく各エリアの塔の頂上に登ると
マップが更新されて地形がわかる、というシステムがありますが
地形がわかった後は滑空でヒャッホーイ。

こうして移動において常に工夫をする余地があって
オープンワールドで最も退屈な「単純な移動」を楽しませることに
成功しています。言葉ではシンプルだけどすごいこと。

物理エンジンならぬ化学エンジンを積んでいるらしく
燃えるものに火があたり続けると燃える
火に水がかかると消える
火が集まると上昇気流が起きる
金属製の物(武器等を含む)は電気を通す
木が燃えるほど高温の場所に食べ物を置くと焼けた食べ物になるなど
この簡単な自然現象が時には思わぬ結果をもたらすことがあります。
例えば本来なら鉄の塊を置くところだけど剣を並べて通電するとか
移動の件でもふれたように
プレイヤーの工夫が許されるゲームです。

そういった自然現象を利用した遊びができるのも大きな魅力
スカイリムがそうだったように
間違いなく今後のオープンワールドゲームの基準の一つになり
今後のゲームはこのゼルダと比べられることになるでしょう。
それほど高水準な作品だということです。


C6DyB2PU8AEjmaq.jpg
ここまで褒めておいて欠点をあげていくと
まずダンジョンの物足りなさが目立ちます。
オープンワールドなので攻略順が存在せず
従来のような大きなダンジョンがほとんどありません。
各地に点在する祠が主な攻略対象となるのですが
簡単なギミックを解けば終わります。
報酬はいわゆるハートの欠片に該当するもの
祠は密封された空間のうえ基本デザインが一緒なので正直飽きてきます。
大きな4つのダンジョンもギミックこそ色々あるものの
やはり風景が似たり寄ったり・・・
外の景色が見える分だけ多少マシですけど。
飽きないように工夫をしている印象を受けましたが
それでも足りなかったかな。

もう一つはマスターソードについて
武器と盾が消耗品である今作において
マスターソードは壊れてもリアル10分で復活する
規格外の武器になっています。
が、入手条件が
ハートを13個まで増やしてマスターソードを抜く
となっています。
先述のハートの欠片に該当するアイテムを4つ集めると
ハートかがんばりゲージ(スタミナ)の最大値を増やせますが
がんばりゲージを増やしてもマスターソード入手には関係ないので
それまではハートを選んだ方が有利なのです。
この事実はマスターソードを発見してから聞かされるので
がんばりゲージを重点的に鍛えてしまった場合
ハートを13個にするまで祠探しを強いられることになります。
自由度の高さを誇るゲームの中でこれだけはいただけない
というか妙に浮いてるように感じます。
誰がこの仕様を考えたんだろうな・・・


C69SQzaU4AAop3W.jpg
というわけで
神ゲーと呼ぶにふさわしい本作
正直いってこの後にHorizon Zero Dawnをプレイすると
移動に不自由を感じてしまうくらいのゲーム
これだけのためにSwitchを買うのもアリですね。


あとヒロインはミファーでいいと思う
posted by Juga at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年03月29日

ダークソウル3 DLC第二弾クリア?

C8F0flNVMAATra1.jpg

恐らく全部ボスを倒したんじゃないかと思います。
カンストだから固かったね・・・
いやカンストなのを差し引いても固かったよ。

結局なにか謎は解けたかと言われると
あまり解けてないような気もしますが
シリーズ通して謎の存在だった名もなき小人に
少しは近づけたのかな。


狙撃で殺す気満々のマップに軽く目まいを覚えた後
オンラインだと誓約霊の他プレイヤーがボスになる場所で
何度も膝を折り
最終&隠しボスの固さに絶望するDLCでした。
攻略に関してはかなり難しいと思います。
竜は突破口があるけど爺は正攻法しかなさげだし
何より固い(まだ言う)。


ひとまずボスは撃破
次に探索をゆっくりやろうと思います。
まだ入手していないアイテムや術を拾いつつ
白霊のお世話にすごくなったので
今度は自分が助ける番だと燃えております。


これでシリーズは完全に終わりか・・・
posted by Juga at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年03月28日

ダークソウル3 DLC第二弾

Cu5dZDhUAAAPNK3.jpg

やー!ようやく配信となりました!

って触ってますけど殺す気満々でしょこのマップ
心が折れる前にクリアできるかな・・・

やってきます!
posted by Juga at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年03月24日

Horizon Zero Dawnクリア感想

C7rrMJMVQAEqecC.jpg
Horizon Zero Dawnをクリアしたので感想をば。


C7rrMwYVwAAq-iK.jpg
なによりグラフィックの綺麗さが目を引きます。
他ゲームならプリレンダリングでもおかしくないほど
人物がリアルにできています。
独自の世界観を表現しきっているのではないかと。

ファストトラベルや乗り物を備えているので
移動のだるさはあまり感じませんでした。
最初はファストトラベルがアイテム消費だったのに
比較的早く無制限版が手に入るのには拍子抜けしましたが
不便なままプレイするよりはいいかな。

戦闘はブロックが存在しない回避と先制攻撃の世界
基本は弓などの遠距離武器で戦うことになります。
近接武器が槍しかない点がやや残念ですが
ロックオンがないかわりに猛烈な追尾をしてくれるので
回避を極めれば近接でもガンガン戦えるかも?
ただし全体的に被ダメージが大きくリスキーかと。

洋ゲーにしては山あり谷ありのストーリー
テキストや音声によるログが各所に散らばっていますが
翻訳に不自然なところもほとんどなく
世界の謎を紐解くにも支障は全くありません。
アーロイが自分の出自を追うところから始まり
次第に謎が明らかになってくると
続きが気になってついついプレイしてしまいます。
「やはりそういうことか!」あり
「マジかよ・・・」あり
正直戦闘よりもログ解析のほうが楽しかった。
(経験値の概念ないし)


では不満点は?
20170324.png
よく宣伝でも使われたキリンのような機械ですが
こいつが特別大きな機械であり、これより大きいものは
(動くものは)存在しません。
他の機械は大きくてもトリケラトプスくらいなので
機械のスケール感ではちょっと肩透かしというか
こいつより大きいのは出てくるのかな?という
自分の期待値が高すぎたと思っています。

それと崖には登れるポイントが存在するのですが
これが視覚的にみづらかった点。
もともと崖は土や岩なので色は灰色、茶色が多い
登れるところは黄色で表現されています。
黄色いロープや杭があったら登れるけど
色が似ていて気付きにくい場面がいくつかありました。
せめてフォーカス起動中(周囲を調べるモード)に
発光してくれれば・・・と思いました。


C7rrNVFVwAAE1mF.jpg
このゲームを一言で表現するなら
練り込まれたストーリーを
オープンワールドで表現することに成功した作品。

まさに操作する映画というか
多くのクリエイターにとって
「こんなゲーム作ってみたかった!」と思えるような
大型タイトルでした。


明らかに続編を意識したシーンがあり2が出るのはほぼ確実。
そのときはぜひプレイしたいと思います。
posted by Juga at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年03月17日

閃乱カグラPBS購乳

C7AoxxsU4AADsE5.jpg
閃乱カグラPBS買ってきました!

アクションゲームのノウハウを重ねた制作が
TPSに挑戦してみた感がバリバリの今作
意外にも普通に遊べる仕上がりになっています。
武器間の格差やテクニックはまだわかりませんが
あまり根を詰めることなくやっています。

オンライン要素に協力プレイが追加され
こちらでワイワイ遊ぶのがけっこう楽しいかな。


一方で
・キャラの性能差がなくなった
・モーションの使いまわし
・武器やスキルは自由に設定可能

これらの点からプレイヤーの個性こそ出るけれど
キャラの個性が薄くなっているところが不満点。
性能はオンラインで問題を起こしかねないので
せめてモーションは頑張ってほしかった。




ひとまずオンラインやりながらストーリーを
ちまちま進めようと思います!
posted by Juga at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年03月05日

ゼルダの伝説プレイ中

C6DyRBrUwAAPgOt.jpg

ゼルダの伝説をバリバリやってます。
やっててすごいなぁと思うのは
崖や壁に所謂ズザザーがほぼなく登れることと
パラセールによる立体的な移動の日常化を実現していることです。
高いところに上って目ぼしいところへ滑空するとか
がんばりゲージ(スタミナ)と相談して崖を無理やり上るとか
移動のためだけに沢山の工夫を凝らせる、これはすごい。
この辺はスカイリムやウィッチャーでできなかったことであり
個人的にやってみたいと思っていた部分なので絶賛したいと思います。

今回は武器と盾が耐久制ですぐ壊れます。
なので拾っては壊しを繰り返すことになるのですが
よく見つかる一方で所持可能数が少なくてちょっと窮屈
(一応増やせますけど)
マスターソードとか壊れるのかな、どうなんだろ?
レベル制ではないので強力な武器の温存を考えだすと
敵と戦うときには注意が必要です。
が、不意に強力な敵と出会うこともあるのでとっておきを
使わざるをえないときも・・・。
と、アイテムのやりくりが無限に続くデザインになっており
開発側の意図が見えるような気がします。


C6DyXZHUYAAHiUz.jpg
とにかく、あらゆる場面であれこれ考えながら進めていくこのゲーム
退屈させない作品に仕上がっているようです。
今のところ楽しくて仕方がありません。
やっぱり任天堂はすごいな!
posted by Juga at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年03月03日

Nintendo Switch購入

C59xnO1UwAA7SPy.jpg
Nintendo Switch買ってきました!
いやー、コンパクト!
本体にコントローラーつけるとちょっと横に長いけど。

C59xnOcU4AAIVzo.jpg
ソフトの方もコンパクト!
誤飲防止にギネス認定の最も苦い成分が使われているそうで
早速舐めてみました、ペロッ!

最初に感じたのはしびれ
数秒後にそれが苦味であることを脳が理解しました。
舐めてから30分たち、水で口をゆすいでも消えず
食事でホットドックとレモンティーを口に入れても
まだ苦味が残って・・・
いやむしろ口全体に苦味が拡散してしまった気さえしました。
2〜3時間たっても舌に名残が残っていて、それはお茶より苦い。
それぐらい強烈な苦味でした
誤飲防止に使われるのも納得です。
誤飲はともかく罰ゲームで舐めたり口の中に入れたりはしそう。
あとSwitchの中古ソフトは買わないと決めました。

C5-AZOdUsAATe-7.jpg
さてさて買ってきたソフトはもちろんゼルダの伝説
触って30分
「世界よ、これが日本のオープンワールドだ!」
と言いたい、叫びたい。
どこまでも続くフィールド、広がる視野
木や壁をかなり自由によじ登ることができ
細い木は切り倒したり火で燃やすこともできます。
ただオープンワールドであるだけでなく
身近な物に干渉できることが素晴らしい。
かつてプレイしたMMOのVanguardをちょっと思い出しました。

難点を挙げるとすれば
まだコントローラーに慣れないせいかやや操作が煩雑に感じるくらい。
(今までのゲームとは指使いが異なる)
ただ、これはできることが多い証明でもあります。
剣をふって戦うのもいいけど爆弾投げて吹っ飛ばすのも楽しいな。

とにかく多くのものに物理エンジンを使っているので
触って回る楽しさがあります。これや、これぞゲームや!
Switchは本体を画面にして遊べるゲーム機ですが
ゼルダに関しては大きな画面でやらないともったいないな。

というわけで第一印象は最高のゼルダ
週末は遊びますよー!


本体にスクリーンショットをtwitterに投稿する機能がありました
動画は本体メモリ考えると厳しいか・・・でもあってよかった。
今後のゲーム機はSNSへの投稿がデフォになっていくのでしょうな。
posted by Juga at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年03月02日

ホライゾンゼロドーン購入

C543PESVUAAw48s.jpg

悩んだ末にホライゾンゼロドーンを買ってきました。
グラフィック綺麗だな〜というのが第一印象
操作感や音楽、エフェクトを見ても
作りこまれていることがよくわかります。

C543OiuU0AEtXsX.jpg
時々出る選択肢は今後に影響するのでしょうか
今のところ全部攻撃的なものにしていますが・・・


C55dAzeUoAA_X7c.jpg
あえて気になるところを挙げると
・マップとクエストを同時に確認できない(かも?)こと
・戦闘手段のバリエーションとカスタマイズが少ないこと
・アーロイが全くツボじゃないこと

明日はゼルダをやるので
こっちはしばし積みになります。
今のうち進めておこう・・・
この三点くらい。
posted by Juga at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

3月の注目ゲームソフト

3月もゲームラッシュですよー!

PS4
Horizon Zero Dawn(3/2)
オープンワールド狩りゲー!でもシングルプレイ
圧倒的世界観を持ってそうな一作です。
興味はすごくあるけどその翌日にSwitchが!どうしよう・・・

閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH(3/16)
水鉄砲でやりあうようになり忍もくそもなくなりました。
ついにカグラもVRに対応してしまうのか、注目されます。

無双☆スターズ(3/30)
オプーナなんでいるし。


Switch
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(3/3)
記念すべきSwitchのロンチタイトルにオープンワールドの
ゼルダがやってくる!WiiUでも出るので圧倒的グラフィックとは
いかないでしょうが、ゼルダは作品のレベルが高いので楽しみ。


3DS
モンスターハンターダブルクロス(3/18)
買わないけどビッグタイトルだしピックしました。
モンハンはSwitchで展開するのかな?
ぼちぼち3DSのマシンパワーだときつい。


Switchが出るとまじめにディスプレイの端子が足りない・・・
posted by Juga at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年02月26日

ニーアオートマタ セーブ削除までクリア



この週末ニーアオートマタをがっつりやって
セーブ削除まで見ることができました。
エンディング自体は削除しなくても見られる
親切設計だと言えるでしょう。
そこを削除してこそのニーアだと思ってやりました。
後悔はしていない。
今回はここに至るのに武器コンプが必要ないため
精神的ダメージが小さかった。(比較的ね、比較的)

前作に続き存在したセーブ削除ルートですが
不満があるとすれば、削除しなければならない理由が
ストーリーに直接関係のないところでしょうか。
前作では自分の存在と引き換えにヒロインを救う、だったけど
今回はちょっと理由が弱いのですよね。
もしかしたら「理由が弱くてもできるか?」という
制作側の挑戦状なのかもしれません。


いったんセーブ削除までやってから
やりこみ要素に取り掛かるマゾプレイ

俺たちの戦いはこれからだ!


C5bkKciUwAAm7av.jpg
ネタバレありの感想や考察はまた次に。
posted by Juga at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年02月23日

ニーアオートマタ購入

C5VRbAbUEAElv4n.jpg
待ってたぜー!
ニーアオートマタ発売です!
心が粉砕されることを望んでプレイするこのゲーム
ニーアとしてDOD3との違いを見せてほしい。

C5VlVbDVYAAF4f4.jpgC5W0_77UMAE1f4g.jpg

ひとまずアコールの名前と赤毛姉妹は存在を確認。
がっつりプレイしてきます!
posted by Juga at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年02月19日

フォーオナー プレイ中


チュートリアルと訓練とストーリーと・・・
なんて、オンラインに備えて力を蓄える日々
時々腕試しに行くことはありますが
まだプレイ時間のほとんどは練習に費やしています。
でもって
人間とAIでは天と地ほどの差があるのよ
苦戦を強いられるところまで予定してます。

上手く戦えた(と思う)ときは脳汁吹き出すし
個人の技量と戦法が生存時間に与える影響とその重要性は
今までに経験したことがないレベルで面白いです。
たとえやられるにしても粘れば粘るだけ貢献になるので
防御がすごく大事、時には逃亡も。

使用キャラは野武士を選択
リーチの長さと継続ダメージを武器にチクチクするヒーローで
上級者向けと書いてあるものの自分のスタイルに合ってる気がします。


防御と攻撃、あと戦術、環境利用の戦い方
覚えることが多い分だけやりがいもあるというもの
正直初日はちょっとひるんだけど
防御の練習でのってくると世界が一つ開けた感じです。
色んなものを利用して戦うのはスマブラの時代から好きだな〜。
posted by Juga at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年02月16日

フォーオナー購入

C4yAeMFVMAA8u5Y.jpg
買ってしまった!言ってるそばからの掌返し!
しかしこれシンプルだけど難しいですね。
究極的には行動の差し合いになるんだけど
自分の引き出しを把握するだけでも時間がかかりそう。
比較的リアルな動きの近接戦闘PvPは珍しいうえに
システムが独特なので新ジャンルになれるかも。

自分が過去に経験したゲームの中では
ファミコンの闘将!!拉麺男 炸裂超人一〇二芸が一番近いかな
あれは上段・下段・中段のガードと攻撃の差し合いだった。
CPUが超反応すぎて成り立ってなかったけどね。

オートマタが発売したらそっちに専念するけど
フォーオナーもちまちまやっていきます!
posted by Juga at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年02月14日

バイオハザード7 DLC第二弾感想

C4oSWZtVYAAodjh.jpg

バイオハザード7のDLCを一通り触ったので感想をば。

「21」はブラックジャックをベースにしたギャンブルゲーで
どことなくカイジっぽい。消費アイテムのSPカードを使ったり
山札が1〜11を一枚ずつになってて運要素を(ある程度)排除したり
工夫は見られますけが、後半のCPU専用カードが異様に強く
最終的にSPカード合戦になってしまうのはやや残念。
あと一回の演出が長い。
オンライン対戦があったらよかったのに・・・

Daughtersはベイカー家の異変が始まる前の話で
ゾイ視点の物語・・・と言いますが
ストーリー考察的には新しいものはなかったかな〜
二つのEDがあるくせにTRUE EDを見る条件が天邪鬼で
これが正史ならゾイはかなりひねくれてるに違いない
虫のドッキリは勘弁。

ジャックの誕生日はアホらしさを期待していましたけど
バイオ7の素材ではこのくらいかというところ。
ゲームとしてはあまり面白くない。


と、ちょっと不満なものでした。
少なくともナイトメアほどやりこもうとは思わず
明後日のフォーオナーに手を出しかねない勢い



ひとまず「21」をクリアしたときの動画を。
カードゲームをやっていたせいか
「あ、勝つにはこうするんだな」と直感できてよかった。
少しだけルーカスを見返せたような気がします。
posted by Juga at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記

2017年02月13日

バイオハザード7 DLC第二弾前夜

C3V3rZoUkAA4P9a.jpg

PS4でのバイオ7はDLC第二弾が明日になっております
バレンタインでおっさんに飯食わせるのか・・・
今回のは難易度がどうではなくストーリーを楽しむのかな?
特にベイカー家がおかしくなる前の様子には興味があります。
あまりに怖かったので彼らに対して同情はすれど
「よくもやってくれたな」の方が強くて
もともと変な家だったんだろと思ってます。
それは正しいのか否か、答え合わせの時。


ニーアオートマタまではまだ一週間以上あるので
このDLCで遊んでいきたいな。
posted by Juga at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム日記