2016年12月21日

劇場版艦これ見てきた

kankore.jpg
劇場版艦これも見てきました!

まず、私はTV版をリアルタイムで視聴した時
あれやこれやと不満点を挙げており、見に行った時にも
期待はほとんどしておりませんでした。
(二回見るつもりがないのでフィルム配布まで待ってた)
実際に見てみたらTV版の反省をもとに頑張ったんだと
そっちの意味でも感動できる作品になっていて
(個人的に)救われた気がします。

冒頭の夜戦の気合っぷりに「おおっ!」となり
その直後に「おおっ!?」となり
シリアスに全振りしたストーリーにドキドキしながら
最後まで見てました。
終盤はちょっと駆け足+ご都合的なところもあったけど
最後にはちゃんと報われたな〜。


プロットはおそらくTV版の頃からあって
今になってみるとあれは伏線だったのかなと思える箇所が
いくつかありました。もっと強調できていればTV版の印象も
少しは違っていたかもしれません。
4話の金剛型馬鹿騒ぎもそうだけど描写が少なかった。


以下ネタバレ有




如月のドロップには正直驚きました。
喜びもつかの間、深海棲艦化していく過程が痛々しく
如月提督にはTV版に続いてきつい内容だったと思います。
しかし3話の影響で様々な二次創作が作られた中で
鉄板になっていたドロップと深海棲艦化を同時にやるとは
この海のリハクの目をもってしても見抜けなかった。
艦娘と深海棲艦の関係と悲劇性の体現者として立ち回った
睦月と如月ですが、最後のシーンで救われたと思います。
蛇足と言われることもあるでしょうけど、二人のことを思えば
こうして報われていいんじゃないかと。
睦月泣いてばかりだったしね。

吹雪が唯一史実を塗り替えられる存在である理由も
吹雪が主人公である理由と共に語られました。
あの理屈だと同じく史実を変えられる艦娘が存在しえる点で
同じ世界観の続編やスピンオフの可能性を残しています。
提督の夢の件は今でも意味不明ですが
納得のいく落としどころだったかと。

夕立や大和の戦闘能力、川内の夜戦など
何故やらん!と憤慨した戦闘シーンもやってくれたし
TV版のマイナスを補って余りある出来だと思います。
TV版でもやもやした人にぜひ見てほしい一作。
3話以降でも特に如月を鍛えたりしてなかった自分ですら
劇場版見たらとちょっとそそられるくらいに。

睦月と如月へ
末永くお幸せに。



おまけ
C0BhGrPUoAAKKs-.jpg
フィルムは鳥海と妖精さんでした。
キャラでほとんど埋まっているからそこそこ当たり?
posted by Juga at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年12月20日

スターウォーズ ローグワン見てきた

images.jpg
見てきましたローグワン!

一つの外伝ストーリーとして楽しめる映画でした。
続きでも出番あるよバリアーを持たない人達の決死の戦いとはこういうものだと。
逆にバリアーを持ってるベイダーはすごい。
悪役だし出番も少しですが出てきたときの威圧感たるや
久しぶりにスクリーンで彼の威厳をみられてよかった。

また反乱軍側のストーリーではありますが
一般市民から見たら反乱軍も火種であり災いの元である点が
描かれていたのもリアルさとして好印象。

不満点はキャラの立て方ゆえか登場人物に感情移入しにくいのと
カンフー映画的というかスターウォーズとしては異質な演出でしょうか。


代役かCGかわかりませんが
EP4〜6の登場人物もチラホラ出ているので
キャラクター(特にチョイ役)をおさらいしておくといいかも。


以下思ったこと(ネタバレ有)
・ならずものコンビよくデススター回避したな
・フヌケって結局なんだろか
・惑星ジェダってジェダイっぽいなと思ったら
・盲目のおっさん強い。でもちょっと雰囲気浮いてる
・ヤヴィン4懐かしいな〜
・レッドリーダーとゴールドリーダーちーっす。EP4で死ぬけどね
・レッド5は犠牲になったのだ・・・
・Uウィングけっこう好き
・EP4開始時ってけっこう切羽詰まってたのね
・EP4デススターの戦いで艦隊よこさない反乱軍って
・レイアは代役かな?CGかな?
posted by Juga at 19:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画

2016年09月17日

なぜシン・ゴジラは悪者に見えるのか

singoji.png
昨日の勢いのまま思ったこと
なぜシン・ゴジラは悪者に見えるのか
ちょっとだけ書こうかと思います。

基本的にゴジラは視聴者の同調を得る怪獣であります。
「ゴジラも核の被害者である」などの悲劇性を持っていたり
他の怪獣と戦って結果的に人間の味方になってたり
視聴者にとって一方的な悪にならないのです。
けれどシン・ゴジラはちょっと違ってて
劇中でひたすら害獣扱いされていました。
そりゃ「劇中では」大変な被害をもたらす存在なので害獣でしょうけど
我々視聴者にもそう認識させる意図があるように見えす
(見る限りでは)人間を襲うために来たわけではないのに
何故悪者の色が濃いのか?

なぜなら視聴者視点でもシン・ゴジラ側の都合が一切見えなかったから。
シン・ゴジラはなぜ上陸したのか、なぜ東京を目指したのか
明らかにならないどころか推測すらできない
シン・ゴジラ側の都合を考えようとすると
どうしても牧教授が邪魔になります。
牧教授が何を考えて何をしたのかがわからなければ
シン・ゴジラの都合もわかるはずがないのです。
教授は視聴者のシン・ゴジラへの理解を阻む壁
相手のことを理解できないまま攻撃され続ければ
悪と認識するのもやむなしかと。

最初に出てきた形態が二足歩行じゃないのも
理解の阻止に少し貢献してるかもしれません。
人間から遠い生き物だと理解のスタート地点が変わるので。

というわけで
1.理解できない、推測できない
2.無機質なデザイン
3.怪獣がシン・ゴジラしかいない
この辺りがシン・ゴジラが悪者に見える理由なのかなと思ったのです。

シン・ゴジラを悪者だと思わないorあまり思わない人は
結局人間が一番恐ろしい(極端に言えば人間>シン・ゴジラ)とか
わからないけど何か理由があるに違いないとか
過去のゴジラのイメージとか
そういった自発的な歩み寄りを試みているのではないか、なんて
うわあATフィールド的
こんなこと考えてしまうのは監督のせいでしょうかね。



牧教授はシン・ゴジラのATフィールドだったんだよ!
と言いたかった文章でした。
posted by Juga at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年09月16日

シン・ゴジラ見てきた

singoji.png
実に今更ですがシン・ゴジラを見てきました。

ゴジラが現実に上陸したらどうなるか?
こうなるのかな〜(庶民視点)というような
どことなく現実味のある映画でありました。
な一方で漫画チックな人物もけっこういたけど・・・
キャッチコピーを見ると意図的かもしれないなと。


ゴジラの出現場所が思いっきり地元なので
興奮が少なからずありました。
だからこそ最後はあっさりめで「あれ、これで終わり?」とも。
いい作品なのに最後だけ惜しいなと思います
ご都合的にも感じたし。

一方で災害としてのゴジラはけっこうよく描けてて
熱線を吐くシーンで最高潮に達していたかと。
その後は上がりませんでしたが
あの時の絶望感は半端なかったですね。
去年のハリウッドゴジラと比べたらハリウッドの方が好きですが
熱線についてはこっちの圧勝です。


個人的評価は良作。名作や傑作になるにはもっと!でした。
ゴジラにはもっと大胆に動いてほしいけど
日本の映画製作環境だと難しいのかな・・・




最後に一言
ゴジラが頭をビルに突っ込んでたら東京は終わりだったかもしれない
posted by Juga at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2015年12月26日

スターウォーズ フォースの覚醒視聴

151226.jpg
スターウォーズ本日見てきました。

ネタバレなしだとあまり話すことがありません
全くの新作ですから当然と言えば当然ですが。
感想を述べるなら、30年後のストーリーを30年後の本人が演じる
ファンの長い時間を埋めるに値する作品だったと思います。
過去作のオマージュが多くてニヤリとできるシーンが多い一方
続編としての新要素はまだまだ発展途上と感じました。


高橋由伸の引退セレモニーでもそうだったけれど
月日の長さを感じると涙もろくなったのは年のせいかも・・・


あと二作・・・6年くらいかかるかな?
posted by Juga at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2015年07月22日

初代ゴジラ鑑賞

Gojira_1954_Japanese_poster.jpg
色々考えた挙句に初代ゴジラを鑑賞しました。
やはり見直すなら原点からでしょ!とかっこつけつつ
DVDをもってるから借りる必要ないっていう思考。

原点にして最高傑作とはよくいったもので
これに代わる新しいゴジラの原点はいまだ現れていません。

自分はテレビのアナウンサーが
死ぬまでその様子を報道し続けるシーンが好きなんです。
でも知り合いに話すと「そんなシーンあったっけ?」だそうで・・・。
今見てもあのシーンは好きだな!


CKhZcqIUAAAxNZi.jpg
その勢いでゴジラVSをちょびっとプレイ
そろそろゴジラ以外の怪獣でも遊んでみようかな。
posted by Juga at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2014年08月26日

GODZILLA観賞

images.jpg
今日、見てきました!
2014年のハリウッド版ゴジラ
とても良い怪獣映画でありました・・・。

まずゴジラの巨大さに対する演出
中盤でもなかなか全体像を見せずにじらしておき
全身が現れたときの表現がうまかった。
100メートルを超える巨大生物感がすごいです。
着ぐるみではできないことをCGでやってのけ
迫力の質で負けていない
非常に難しいことを実現しました。
基本は「溜め」と「解放」

ゴジラのキャラクターについて
怪獣ムートーには明確で生物的な目的があります。
対してゴジラは目的や性質がほとんど不明
ムートーの前に現れて戦う理由について
「自然の調和を守ろうとしている」と
芹沢博士が推測するだけにとどまっています。
人類は怪獣に対してひたすら無力で
核兵器を持ち出すも裏目に出てしまう始末
結局独り相撲をとったような形になってしまいました。
(一応主人公が間接的にゴジラを助ける行動をしましたが)
ただ見ているしかない圧倒的な存在
まるで神そのものGODZILLA)
それが今回のゴジラだと思います。

テーマの一つである核について
ムートーは人類が核を手に入れたために出現した怪獣なので
見方によっては核のシンボル的な怪獣でもあります。
(能力には放射能のほの字もないけれど)
ゴジラはムートー=核の災厄と戦う怪獣
さらにこの映画では
ビキニ環礁での核実験はゴジラ抹殺のために行われたもの
と設定があるので反核のメッセージも備えているかと。


もちろん不満点だってあります
ゴジラのシーンがほとんど夜か雨だったり
人間ドラマの繋がりがイマイチ悪かったり
映画にこめられたメッセージが遠まわし(わかりにくい)だったり
いくつか挙げられますが
そんなことを全部踏み潰すくらいの傑作でした。

早くも次回作が製作決定しているようですが
ハリウッド版モスラがリアルに昆虫にならないか心配です。
posted by Juga at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2014年05月08日

ロッキーを見た

BnCT9ZjCAAIENev.jpg
「エイドリアーン!」とか
ロッキーのテーマで有名なロッキーをDVDで見ました。

ストーリー、ありきたりっていう表現も当てはまるけど王道。
底辺、恋愛、幸運、努力、勝負
理想の成功像の一つだと思います。
絶頂で終わるところがハリウッド映画らしい
エピローグ的なシーンがなくて正解だったのでは。

自分の印象に残ったのは船をバックに走るシーン
あれだけ早い回転の走りは学生時代の自分でも無理だな・・・
さすがはスタローン。
あのシーンがロッキーの努力の実りを象徴してるんじゃないかな?
それがより明確に表現されたところが階段のシーンかと。

ところで、この頃のスタローンは若いです
今は岩みたいな顔してるけどちゃんと人間だったんだなって。(失礼)


というわけで名作ロッキーを見たぞ!
より心をこめて「エイドリアーン!」と叫べること間違いなし。

次はランボーでも見るか・・・
ってなぜにスタローン作品になるのか
posted by Juga at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2013年11月17日

叛逆の物語二回目

madokamagika.jpg
二度目の鑑賞に行ってきました。
フィルム目当てと内容をもう一度見たかった。
結果、伏線の把握がけっこうできて大満足です。
これはBD購入も全然ありですね。

何気に同じ映画を二度映画館で見るのは初めて
それでいいのか。


ネタバレ注意
 続きを読む
posted by Juga at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2013年10月27日

魔法少女まどか☆マギカ劇場版[新編]叛逆の物語 見てきた!

madokamagika.jpg

見てきました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このなんともいえない気持ち
やはりこの映画は一筋縄ではいかなかった

IMG_5892.jpg
見に行ったのは新宿バルト9。
でかでかと出ていたので前回のように
絵柄で見に来る子連れさんとかいそうな予感。


以下ネタバレ全開
 続きを読む
posted by Juga at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2009年08月09日

「劇場版ポケットモンスター アルセウス超克の時空へ」 を見てきた

090809_1.jpg
これを見てきました。
大の大人が一人でいくのは恥ずかしいので親戚の子供を連れて…。
映画配布のアルセウスをゲットし、これで493匹のポケモン図鑑が
全て完成!

映画としては…まあ子供向けとしては普通かと。
もう伝説のポケモン同士の戦いが大規模すぎてサトシ達が介入する
余地がなく怪獣映画っぽくなってますが。

以下若干のネタバレ感想(要反転)
続きを読む
posted by Juga at 20:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

2009年07月04日

ROOKIES 卒業

公式サイト

見てきました。ROOKIES。
漫画の連載を読んできた身としてはドラマも映画も気になる存在。
ドラマはヒットしたようで、こちらも楽しみにしておりました。

基本的に「甲子園行くぞー!」の勢いを最初から持続し続けていて
ストーリーにはあまり重点を置いてはいません。
しかしその勢いと見せ方の上手さで約2時間の映画をずっと集中して
見続けることができました。
感動の呼び方もある意味コッテコテであり、そのときの音楽が一つ
でワンパターン気味だけど、見事に釣られて泣いてしまいました。
大ヒットも納得。最近では見られないタイプの青春映画。

漫画との差異は細かいところで多々ありますが大筋は一緒。
読んだ人も読んでない人も楽しめると思います。
オススメ
posted by Juga at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画